• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,  08:00 PM

日当たりが悪くてもなんとか育つ、生命力の逞しい植物5選

日当たりが悪くてもなんとか育つ、生命力の逞しい植物5選


オフィスや自宅にグリーンがあると癒されますが、ネックなのは育てる場所。植物に、太陽の光をたっぷり浴びさせてあげたいのはやまやまですが、必ずしも、十分な日当たりを確保できるとは限りませんね。そこでこちらでは、日当たりが悪くても育ってくれる、生命力の逞しい植物をご紹介しましょう。

 


家庭情報系ブログメディア「Apartment Therapy」では、日当たりが悪くても育つ植物として、以下の5つを挙げています。

  1. ホウライシダ
    ほとんどのシダは、光があまり当たらない屋内でもよく育つ。なかでも、ホウライシダはユニークな形の葉が楽しめるので、オススメ。
  2. ベゴニア
    ベゴニアは葉の色や、形のバリエーションが豊富。とくにレックス・ベゴニアは、直射日光が当たらなくてもよく育つ。ただし、水のやりすぎに注意。
  3. ミント
    ミントはたいてい沼で育つものなので、水分と少しの光があれば、カンタンに育てられる。収穫できたら、ミントティに使ったり、サラダに入れたり、部屋の芳香剤として使えるのもよい。
  4. スウェーデンアイビー
    オーソドックスな植物だが、垂直型の庭といった、新しい方法で育ててみるのも手。
  5. 苔のテラリウム
    光があまり入らない場所では、苔のテラリウムも一法。水分と少しの光は必要なので、窓側に置こう。

このほか、グリーン系の記事としては、ライフハッカーアーカイブ記事「室内の空気をよくする、 3つの観葉植物」や「ズボラ系ガーデナーにお勧め、なかなか枯れない観葉植物5選」もありますよ。グリーンのある生活にトライしたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。


5 Overlooked Plants That Can Survive The Dark (Almost) [Apartment Therapy]

Erica Ho(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By 香川博人LIKE

    キレイ&リラックスだけじゃない。お風呂で男を磨く3つの身だしなみとは?

    Sponsored

    キレイ&リラックスだけじゃない。お風呂で男を磨く3つの身だしなみとは?

    キレイ&リラックスだけじゃない。お風呂で男を磨く3つの身だしなみとは?

    「あぁ、気持ちいい」と、お風呂で過ごす時間は、心身ともにリフレッシュできますが、実は、あなたの印象を大きく変える「身だしなみ」を整えるタイミングでもあります。 ビジネスマンにとっての身だしなみは、最低限のマナーであり、見えない部分にまで気を配ることで、安心感と自信を与えてくれます。 そこで、この春から実践したい「お風呂だからこそできる、男を磨く3つの身だしなみ」をご紹介します。  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.