• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライターゲストライター  - ,  08:00 PM

日当たりが悪くてもなんとか育つ、生命力の逞しい植物5選

日当たりが悪くてもなんとか育つ、生命力の逞しい植物5選


オフィスや自宅にグリーンがあると癒されますが、ネックなのは育てる場所。植物に、太陽の光をたっぷり浴びさせてあげたいのはやまやまですが、必ずしも、十分な日当たりを確保できるとは限りませんね。そこでこちらでは、日当たりが悪くても育ってくれる、生命力の逞しい植物をご紹介しましょう。

 


家庭情報系ブログメディア「Apartment Therapy」では、日当たりが悪くても育つ植物として、以下の5つを挙げています。

  1. ホウライシダ
    ほとんどのシダは、光があまり当たらない屋内でもよく育つ。なかでも、ホウライシダはユニークな形の葉が楽しめるので、オススメ。
  2. ベゴニア
    ベゴニアは葉の色や、形のバリエーションが豊富。とくにレックス・ベゴニアは、直射日光が当たらなくてもよく育つ。ただし、水のやりすぎに注意。
  3. ミント
    ミントはたいてい沼で育つものなので、水分と少しの光があれば、カンタンに育てられる。収穫できたら、ミントティに使ったり、サラダに入れたり、部屋の芳香剤として使えるのもよい。
  4. スウェーデンアイビー
    オーソドックスな植物だが、垂直型の庭といった、新しい方法で育ててみるのも手。
  5. 苔のテラリウム
    光があまり入らない場所では、苔のテラリウムも一法。水分と少しの光は必要なので、窓側に置こう。

このほか、グリーン系の記事としては、ライフハッカーアーカイブ記事「室内の空気をよくする、 3つの観葉植物」や「ズボラ系ガーデナーにお勧め、なかなか枯れない観葉植物5選」もありますよ。グリーンのある生活にトライしたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。


5 Overlooked Plants That Can Survive The Dark (Almost) [Apartment Therapy]

Erica Ho(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    Sponsored

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    お財布は忘れてもスマートフォンだけは忘れない。そんな気持ちになるほどスマホは肌身離さず持ち歩くアイテム、かつ、もっとも手近なコンピューターです。メールの確認はもちろん、ウェブで調べもの、SNSのチェックや投稿と、ひんぱんに使うことから、1日のどこかでバッテリーを充電しているのではないでしょうか? 常に手元にあって、いつでもどこでもすぐ使えることがスマホの魅力ですから、最低でも1日はバッテリーが持  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.