• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  08:00 PM

電子機器を防水加工する、ちょっと変わった3つの方法+驚き防水加工動画

電子機器を防水加工する、ちょっと変わった3つの方法+驚き防水加工動画

100614tsetwyg.jpg


皆さんの電子機器は、防水仕様ですか? 販売されている全ての電子機器が、防水加工というわけではありません。必要に迫られて、自分で防水加工を施している方も、いるかと思います。そこで今回は、一風変わった3つの防水アイディアと、近い将来に販売が予定されている、驚きの防水加工の動画を、ご紹介します。

 


1. コンドームでくるむ

以前にも紹介しましたが(リンク先 6.)、コンドームなら何でも良い、というわけではありません。潤滑ゼリー加工ではないコンドームを、二重にして使いましょう。記事冒頭画像のように、乾燥剤を電子機器と一緒に入れて、防水接着剤で結び目に封をすれば、チープな自家製防水加工の出来上がりです。デジカメや携帯電話、リモコンに最適とのこと。

2. ボトルに入れる

ガジェットを直接操作しない場合の防水には、熱に強く、口の大きいボトルを使うと良いです。そのボトルが、液体を入れても漏れないものであれば、防水もOKなはずです。

3. コーティングする

電子機器を潜水させたい方は、電池を防水する必要があります。電池はウレタンなどで、電極部分をコーティングすれば、OKです。Instructablesによると、電池が錆びるのは、電極のくぼみやでっぱりが原因で、そこさえ防水すれば大丈夫なのだとか。Instructablesのこちらの英文記事も、参照してみてください。

おまけ:驚きの防水加工

電子機器を、使用可能な状態で防水したい方には、Golden Shellbackが近日販売予定の防水加工 「splash proof」は、非常に興味深いと思います。米GIZMODOも注目する「splash proof」は、下の動画からご覧下さい。

いかがでしたか? もっとすごい自家製防水加工術を知ってるぜ! という方は、コメント欄への記入お願いいたします。


[Two Simple but Effective Tricks to Waterproof Your Gear]

Adam Dachis (原文/訳:松井亮太)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.