• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,,  06:00 PM

過度な消費欲から自分を防御するための3つの法則(動画あり)


お金の無駄遣い防止に、みなさんはどのような工夫をしていますか? 家計簿で日々の出費を記録することも、もちろん効果的ですが、出費する前に衝動的な消費欲を抑え、購入の是非を冷静に判断することも大切。そこで、こちらでは、お金の無駄遣いを未然に防ぐためのコツをご紹介しましょう。


おなじみのマネー系ブログメディア「Get Rich Slowly」のライターAdam Bakerさんは、冒頭動画の中で、過度な消費欲から自分を守るための、3つの「バリア」を紹介しています。

 


1: 「30日ルール」で衝動買いを防ぐ(動画1:20~2:40)

欲しいと思ったものを、すぐ買わずにリスト化して、30日経過しても、まだ欲しいと思っていたら買うという「30日ルール」を活用しよう。商品名と日付をリストに記入し、30日以上経つまで購入しない、というルールを作ることで、一時的な消費欲を醒めさせることができる(このテーマについては、ライフハッカーアーカイブ記事「すぐ買わずにリスト化!『30日ルール』で衝動買いを防ごう」も参照のこと)。

2: 1つ買ったら、2つ捨てる(動画2:40~3:55)

モノは次第に「増えていく」もの。知らず知らずの間に、クローゼットがいっぱいにならないように、「1つ購入したら、2つ捨てる」という、整理整頓ルールがお勧め。これにより、不用品を早めに売る、譲る、もしくは捨てることができる(不用な洋服を見分けるためのハックについては、こちらの記事も参照のこと)。

3: 「経験」にお金を使う価値を認識する(動画3:55~)

洋服やバッグなどモノではなく、旅行や友人との集まり、ワークショップなど、経験にお金を使う価値を、改めて認識しよう。衝動買いしたものの、ほとんど着ていない洋服よりも、2ヶ月通うギター教室のほうが、人生をより豊かにしてくれるかもしれない。モノ、経験のいずれかを問わず、自分にとっての優先順位を重視し、「いま何にお金を使うことが効果的なのか?」を、冷静に評価することが大切。

いかがでしたか?

思いのままにモノを買い続けることは、お金の浪費につながるだけでなく、限りある収納スペースの無駄遣いにもつながります。この観点でも、これらの3つの「バリア」は有効といえるでしょう。

ちなみに、最近はモノではなく、経験をプレゼントするというサービス「エクスペリエンスギフト」も生まれていますね。たとえば、父の日ギフトに、お父さん世代が楽しめる体験カタログギフトが「ソウ・エクスペリエンスギフト」さんや「タイケンギフト.jp」さんで販売中だそうですよ。あわせて、ご参考まで。


Jason Fitzpatrick(原文/訳:松岡由希子)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.