• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,  08:00 AM

「カフェインは注意力向上には効いていないようだ」という研究結果

「カフェインは注意力向上には効いていないようだ」という研究結果

100602morningcoffee_no_help.jpgPhoto by David Joyce.

朝、目覚まし代わりに飲むコーヒー。アロマの香りが一日の始まりを知らせてくれ、シャキっとする気がしますね。しかし、実はそれは「気のせい」かもしれない、という研究結果が明らかになりました。

ロイターでは、カフェインとヒトの体との関係について実験した、英ブリストル大学の、ある研究結果を採りあげています。

 


この研究では、半数がカフェインをあまり摂らない「ノンカフェイングループ」、残りの半数は定期的にカフェインを摂る「カフェイングループ」で成る、379人の成人を対象に実験。16時間カフェインを断たせた上で、カフェインが含まれている錠剤と、偽の錠剤を、彼らにいずれかわからないように飲ませ、被験者の不安・注意力・頭痛のレベルを測定したところ、偽の錠剤を飲んだ「カフェイングループ」は、注意力が下がり、頭痛がひどくなった一方、カフェインの錠剤をとった「カフェイングループ」は、いずれの兆候もみられなかったそう。

では、カフェインの錠剤を飲んだ「カフェイングループ」と「ノンカフェイングループ」はどうでしょう?

この実験によると、カフェインの錠剤を飲んだ「カフェイングループ」と「ノンカフェイングループ」とでは、注意力は同等だったとか。つまり、カフェインは、普段カフェインを摂っている人の注意力を、ノーマルな状態に戻す程度の効果しかない、ということのようです。

この研究結果をみる限りでは、「コーヒー自体はあまり好きではないけれど、シャキっとさせるために、なんとなく飲んでいる」という人は、ノンカフェインの、別の飲み物に切り替えてもよさそうですね。このほか、カフェインにまつわるプラシーボ効果については、ライフハッカーアーカイブ記事「プラシーボ効果でノンカフェインでも目が覚める!?」でも採りあげています。あわせてどうぞ。


Caffeine Addicts Get No Real Perk From Morning Cup [Reuters]

Whitson Gordon(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored by cocokuri 体と同様、心を鍛えることは生きていくうえで不可欠なスキル。その心の問題にフォーカスし、世界中で脚光を浴びているのがマインドフルネスです。いま目の前にあることに集中し、自分自身を客観的に観察するトレーニング法であるマインドフルネスは、情報過多の中、マルチタスクが多く、注意力が散漫になりがちな現代のビジネスパーソンパーソンの集中力を高めるなど、働き方を変  11:00 AM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.