• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,  12:00 PM

クラウドリーディング:vol.24『「前倒し」仕事術』

クラウドリーディング:vol.24『「前倒し」仕事術』

100520maedaoshi.jpg


恥の多い人生を歩んできました...。

この本のまえがきに書いてあるのは私のことではないでしょうか...。

まえがきより引用

  • 1、いつも仕事を後回しにして、期日ギリギリになってから始める
  • 2、「これで仕事は完了」という明確なゴールラインを決めていない
  • 3、必要以上に考えすぎて準備や整理に時間がかかり、頭の中と机の上が大混乱

思わず「それなんて俺?」と、言いたくなりますが、そんな事は棚に上げて、客観的に見るとこういう人とは一緒に仕事をしたくないですね。自分で良かった!  ...のか?!

お尻に火がついたときのラストスパートの興奮が忘れられないのかなんなのかわかりませんが、なぜかいつも期日ギリギリにはじめてバタバタと終了させるケースが多いです。そんな事が続く毎日ですから、机の上もついつい乱雑になりがち。

一方、この著者のスタイルは

  • 1、先延ばしにする言い訳を考えないで、今すぐ始める。
    → 今すぐ
  • 2、期日に遅れない。早く終わらせてその仕事を忘れる
    → キッパリ
  • 3、机の上を「頭の中」だと思って整理する
    → シンプル

の3つのルールを徹底しています。

続きます。
 


上の3つのルールを徹底するには、さぞ自分のペースで仕事を進められる職種なのかと思いきや、著者は昼は大手出版社の編集者、そして夜や休日はフリーライターとして執筆活動を続けています。編集者もフリーライターも片方だけでも、忙しそうで、しかも自分のペースでじっくりと仕事を進められるイメージではないですね。むしろ、いつもバタバタと忙しく相手の予定変更などの都合でしょっちゅう振り回される事が多い感じ。

しかし、逆にそういう環境にあったからこそ、前倒しで仕事を進め、先延ばしを許さないような厳しさが必要だったのでしょう。

本書では、上の3つのルールに沿った67のノウハウが紹介されています。どれも、実践の場から生まれたものですが、その中で僕が特に印象に残ったのは以下の3つです。

19、仕事は半分の時間で8割仕上げる。

仕事は、最初の半分の時間では、「見直さない」「修正しない」で8割仕上げる。とにかくスピード重視ですすめる。後半の半分の時間でじっくりと修正やチェックを行う。

これは、作業を進めながら、見直したり推敲したりすると遅くなるので、その工程を分離しようと言うことですね。また、すでに8割できているという安心感から心に余裕をもって後半は作業を進めることができるでしょう。僕が今書いているような文章でも、「てにをは」や誤変換はいちいち修正せずに、最初に勢いよくざーっと書いて、後から全体をチェックした方が早いんだろうなあ。

ただ、慣れないと、誤字があるまま打ち続けなきゃならないので、違和感がありそうですね。

32、仕事は共通項で抜き出す。

GTDでも、状況ごとに @電話 @パソコン @電車 などとリストやリマインダーを設定してましたが、本書でもプロジェクトごとの分類の中から、さらに作業を細かく状況ごとに分類し、プロジェクトを横断して、状況ごとに処理することを推奨しています。
(この記事冒頭の写真参照)

38、昼休みは、弁当を食べない。仕事中におやつを食べる

昼休みは昼休みできっちりと休んだり、自分の用事を済ます。食事は、仕事中にパンやおにぎりなどのおやつっぽいもので済ます。

これ、職場にもよるかと思いますが、確かに仕事中に机の上で弁当を広げて食べてると違和感ですが、片手でおにぎりを食べたり、パンを食べるのは、なんとなく黙認されるケースが多いように感じます。

で、別にこのノウハウ? を僕は直接的に推奨するつもりもないのですが、こういう工夫というか発想の転換が面白いし重要だなあと。 このように、文章にして伝えられると、なんとなくそれらしいノウハウに思えるのも面白い。

仕事中におにぎりを食べてると忙しそうに思われるという副次的な効果もありそうですね。

以上、印象にのこるエピソードを3つ紹介しましたが、他にももちろん、時間を無駄にしないアポ取りや電話術、会議法など、待ち時間や無駄な時間を生じやすい事に関するノウハウがたくさんです。

後半は、PC関連の書籍もたくさん編集した編集者さんだけあって、最新のツールの活用法なども載っています。その部分では、iPhone/iPod touchの単語登録の方法が参考になりました。そんな事できるんだ!

こうやって、前倒しで先延ばしをしないで仕事をてきぱきとこなして、二足のわらじをきちんとこなすこともできるんだなあ。


ちなみに、典型的な後ろ倒しの悪循環というのは

仕事がいそがしい
 → 夜、寝るのが遅くなる
  → 朝起きるのがつらい
   → 仕事に取りかかるのが遅くなる
    → 期日に遅れる
     → 期日に追われてますます忙しい

だそうで...。もう、本当に嘘偽りなく「それ、なんて俺?」状態です。

とにかく「今すぐ」「キッパリ」「シンプル」の3つのルールを覚えよう。先延ばしせずに!


(聖幸)
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.