• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,  02:00 PM

クラウドリーディング:vol.23 自己を変えよ!『稼げる 超ソーシャルフィルタリング』

クラウドリーディング:vol.23 自己を変えよ!『稼げる 超ソーシャルフィルタリング』

IMG_7685.jpg


言わずとしれた、堀江貴文氏の新刊です。ネットでは『ホリえもん』の方が、通じやすいでしょうか? 仕事術の単著では、前著の『100億稼ぐ超メール術』から5年。5年と言えば、一般的にも結構な年月ですが、ドッグイヤーと言われるIT業界のことですから、その間にツールも大きな変化が色々がありました

個人間の情報の伝達は、相変わらずメールが主流ですが、メールを使うためのソフト(メーラー)は、Thunderbird,Outlook,Beckyなどの専用のクライアントから、Webブラウザーから使うGmailへと大きく変化しました。

また、この5年の変化で大きく変わったものが、情報のインプットで、特にtwitterが出てきたことは、大きな変化と言えます(5年前には、RSSリーダーが革命的なツールでしたね)。

本書のタイトルの「ソーシャルフィルタリング」も、このtwitterの台頭が大きく影響しています。

「ソーシャルフィルタリング」とは、一般的には聞き慣れない言葉ですが、本書では

「ソーシャルフィルタリング」とは、洪水のように溢れる大量の情報をふるいにかけ、そこから役に立つ情報だけを手に入れ、仕事にアウトプットする方法である。

としています。続きます。

 


その、大量に押し寄せる情報をふるいにかけるのに必要なのが、前述のtwitter

真に自分に対して有益な情報を流してくれる人を、厳選してフォローすることで、押し寄せる情報から身を守ります。「有名人や新聞社だから、とりあえずフォロー」みたいな使い方とは、一線を画してますね。

twitterで自分と興味が近い人で、情報感度が高い方をフォローすると、自然と情報がフィルタリングされた状態で流れてきます。

twitterは、iPhoneのtwitter専用クライアントと組み合わせると、さらに使いやすさが増して、いつでもどこでも情報の受発信が可能となります。

続く第2章では、Gmailをイチオシしています。Gmailに関しては、類書もたくさん出ていますし、すでに使いこなしてる方も多いと思います。堀江さんは、ショートカットの活用も、おすすめしています。さらに、ご自分でショートカットキーをカスタマイズして、極限までキーストロークを少なくしたり、キーを押しやすい位置に変更しています。時間的にも、チリも積もればですし、押しにくい配置で毎日苦労するのもね...。

また、ユニークなのがメールの返信方法です。時間順や優先順位で返信するのではなく、難易度別というか、返信に必要な時間順に処理しています。数秒で処理できるメールは、優先順位が低くても、その場で返信します

この辺はGTDのメソッドとも通じるものがあるでしょうか。

そして、twitter、Gmailと来て、最後の第3章を飾るのは、意外なことにメーリングリスト。前著を読んでいる方なら、堀江さんがメーリングリストを活用した仕事術に、造詣が深いのはご存じとは思いますが、初めて読んだ方は、やや意外に思うかもしれません。

しかし、1章をまるまる割いて説明するくらいですから、その熟練度はかなりのものです。IT企業の架空のプロジェクトの事例を、懇切丁寧に説明してくれているので、スピード感のある会社の仕事ぶりが、手に取るようにわかります。

情報を効率よく短期間で大量に取得すること」が仕事術の大きなテーマの一つで、スローライフの反対の「ファストライフ」を志向する堀江さんらしい、無駄のない仕事術だなと思いました。

このスピード感は見習いたいですね。

そんな無駄を嫌う堀江さんから、一つ釘を刺されたのが

ただし、勘違いしてはいけないのは、簡潔に書くのと説明不足のメールを書くのは違うということだ。

はい...。気をつけます...。ダラダラ書くのも、情報が不足しているのもよろしくないですね。過不足なく、すっきりとしたメールを心がけたいですね。

前述したtwitterは文字数の制限がありますから、そういう文章力を鍛えるのにも使えるかもしれませんね!


(聖幸)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.