• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,,  08:00 AM

SimpleStyle第2回:ボヘミアのカオり〜Twitterにプレゼン内容をつぶやける『Kaotter』

SimpleStyle第2回:ボヘミアのカオり〜Twitterにプレゼン内容をつぶやける『Kaotter』

100522simplestyle.jpg


■『カオる』シンプル・プレゼンテーション

こんにちワ。美崎薫です。
みなさんはプレゼンテーションのときにどんなソフトをお使いですか?

ほかのひとがプレゼンテーションするときには、プレゼンソフトになにを使っているのか、とても気になるタイプです。PowerPoint、MacintoshならKeynoteが定番でしょうか。

定番のソフトは定番の魅力をもってます。せっかくプレゼンするのなら、ソフトでもアピールできるチャンスです。これを逃す手はありません。

先日(2010/05/20)、『ライフインテリジェンスとオフィス情報システム(LOIS)研究会』で講演する機会をいただいたので、それにあわせてプレゼンテーションのソフトを作りました

最近のトレンドといえば、Twitterだと思います。講演/講義/プレゼンテーションとTwitterは相性がよく、聴衆がTwitterで実況中継することを、最近大活躍の津田大介さんにちなんで『ツダる』と呼びます。参加できなかった方にも、Twitter経由でその場の雰囲気をある程度伝えることができ、広まっています。

その場から中継されたことのうち、メインのソースはプレゼンターにあるので、もしもプレゼンター自らがプレゼンしながらTwitterで発言していれば、単に実況中継でなく、もっと創造的なプレゼンテーションができるんじゃないかと考えました。

これ、まだ世界でも例を見ないんじゃないか、と思います。

パネルディスカッションでパネラーがつぶやくことは『ツダる』のとおなじようによく見かける風景になってきました。でも、演者みずからです。ちょっとドキドキじゃありませんか。

そこで、講演/講義/プレゼンテーションを演者自身が中継することを『カオる』と定義し、

カオる:Twitterと連動するプレゼンテーションシステムの試み

と題して、カオりました。

Twitterのユーザー名は「LifeLeaf0520」、URLは「http://twitter.com/LifeLeaf0520」で、そのままデータは残してあります。ついでにTimelogにもおなじデータを流しています。
 


■仕様はこんな感じ

当然、PowerPointやKeynoteにはTwitterに発言しながらプレゼンテーションをする機能は(たぶんいまのところ)ないので、プレゼンソフトごと作りました。
データの仕様は、次のようにしました。

  • 背景を表示できる
  • テキストファイルを読み込む
  • テキストファイルは、タイトルと本文、タイトルと本文という複数ページ構造とする。
  • タイトルは●、◆、第で始まる行とする。
  • #はコメント行として表示しない。
  • ▽で始まる行があれば、その行に指定した画像を読み込む
  • http://で始まるデータがあれば、Webページを開く
まあ、普通に書いたテキストファイルを読み込んで、プレゼンテーションできるソフトというイメージです。だいたい原稿を書くときも、プレゼンテーションを書くときも、テキストで作業することが多いので、そのテキストをそっくり読めるのが前提です。

Twitterになにを発言するのかには、データの少ない方から多いほうに向かって4種類あります。

  • タイトルのみを発言する
  • タイトルと参考になるURLを発言する
  • 本文まですべてを発言する
  • 画像まですべてを発言する
画像まですべてを発言するとめんどうなことがあったり、会場の回線速度の点で問題が発生することが予想できるので、今回は、初めての試みでもあることから、タイトルのみを発言することにしました。

Twitterや懇親会では、URLも「カオ」ってほしかった、というご要望をいただきました。実はソフト的にはそう書いたつもりだったのですが、ソフトができたのはプレゼンの直前ということもあって、充分デバッグできていなかったみたいです...。

実際にプレゼンテーションしてみたところ、本文まですべてを発言するほうが議論は活発になるという印象を受けました。ただしその場合には、演者はプレゼンテーションの内容にこれまで以上に気を配る必要があるのかもしれません。

もっとも、昨今のプレゼンテーションでは、画面をそのまま写真に撮ったり、Ustreamなどで中継したりしていますから、出すか出さないかは心理的なものにすぎないかもしれませんが...。コピーガードをかけて秘密にこだわるのなら、プレゼンテーションなんてできない気がするのです。

■カオった~

ソフトの名前は『Kaotter』としました。テキストファイルと画像ファイルを表示してプレゼンテーションしながら、Twitterにプレゼンテーションの内容をつぶやくことができるソフトです。

Windows XPで動作確認をしています。.NETFramework4.0が必要です。3.5と2.0のバージョンを作ろうとしたら、エラーが出て動きませんでした。

Twitterは、BASIC認証を使用しているため、2010年6月末までしか使用できないと思われます。OAuth認証は研究中です。URLは送信しているはずなのにうまくいってないかも。このあたり、まとめていずれ対応したいと思います。

サンプルでテキストとjpegを一枚同梱しています。テキストファイルを見ていただいて、先の仕様のようなかたちでプレゼン文を作ってください。

そのプレゼン文を、kaotter.exeのアイコンにドラッグすると、プレゼンテーションをすることができます。最初にconfigボタンで、TwitterのIDとパスワードを入れて設定することをお忘れなく

アイコンはYurikoさんによるフリー素材サイトの『風と樹と空と』の新緑の葉を使用しました。


Kaotter

(美崎薫)
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.