• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  -   04:00 PM

ベッドの快適レベルを下げて早起きにつなげるという荒技

ベッドの快適レベルを下げて早起きにつなげるという荒技

100518sleep_hacks.jpg


「今度こそ朝型人間にチェンジだ! さあ、起きよう!」

「いやだー、眠いよ~。あと、5分...zzz」

毎朝、自分の中の天使と悪魔が戦っていませんか?温まった布団の中は、とにかく居心地がよく、少しでも長居したいのが人情というものです。では、朝、起きたとき、布団の中が快適でなければ、どうなるでしょう

おなじみのライフハック系ブログメディア「Stepcase Lifehack」では、あえて寝床の快適さを下げることで、強制的に起床させるという荒技を、紹介しています。

 


ボストンに短期出張した筆者は、6日間、ベッドと机が備え付けられた、短期滞在者向けマンションに宿泊。フィット感のある枕や、フワフワな羽根布団はもちろんなく、シーツとマットレスがあるだけ。持参したバスタオルを枕代わりに使い、とりあえず就寝したところ、冷たいベッドで朝5時に目が覚めたそう。そこで、いつもならなかなか去りがたい快適なベッド空間も、このように心地よくない状態だと、潔く起きることができ、一日を早くスタートさせることができることに気づいたとか。

出張から戻ってからもこれを継続したところ、目覚まし時計なしで、規則正しく起床できるようになり、これまでなら、ベッドの中でグズグズしているだけだった時間を、週10~12時間も効率的に活用できるようになったそうです。

この「ベッドの快適さを下げる式早起き法」の具体的な方法として、筆者は自身の経験から、以下の3ステップを挙げています。

1. 必要最低限の寝床にする
寝床を、就寝から起床までの休憩場所と捉える。つまり、高級な枕やマットレスといった、快眠アイテムは可能な限り使わない。

2. ベッドを撤去する
できれば、ベッド自体を撤去しよう。

3. 最低7日は続ける
一晩では効果はない。眠り方を自分に身につけさせるため、ある程度の期間は必要。真夜中に寒くて目が覚めても、毛布は使わないこと。代わりに、スウェットを着よう。

低反発マットレスや羽根布団、自分の体型に合わせたオーダーメイド枕など「いかに快眠するか?」を追求するためのアイテムが増えている中、こちらは、あえて「自分を甘やかさない」というSっ気たっぷりなアプローチですね(笑)。まだ、朝晩は冷えることもありますから、この方法をお試しの際は、パジャマに重ね着するなど、くれぐれも風邪を引かないようにしてください。

このほか、ライフハッカーまとめ記事「まとめ:春 眠暁を覚えず...だが起きる!ための16選」もあわせてどうぞ。


Sleep Hack: A Simple Strategy For Better Rest In Less Time [Stepcase Lifehack]

Whitson Gordon(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.