• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,,  12:00 PM

早起き習慣をさらに充実させる10のアイデア

早起き習慣をさらに充実させる10のアイデア

100517upgrade_morningroutine1.jpg

Photo by DeaPeaJay.


ギリギリまでベッドから出られず、朝食、身支度は超特急。「朝に余裕なんてない!」という方も多いかもしれませんが、先日の記事「『朝のおつとめ』をDIYして、早起きの習慣を身につけよう」でも採りあげたとおり、早起きの習慣を身につけると、効率的に一日のスタートを切ることができます。そこで、こちらはこの続編として、早起き習慣をさらに充実させるための10のアイデアを挙げてみようと思います。

1. 「考える」時間に当てる

100517upgrade_morningroutine2.jpg
Photo by s0ulsurfing.
朝は静かで、瞑想に適している。「朝、考え、昼は実行、夕方に読書をして、夜は寝る」といった具合に、一日をうまく分けて使おう。中長期的なテーマやプロジェクトについて取り組んだり、将来について考えるといった時間に当てるとよい(詳しくは、米Lifehackerアーカイブ記事「How (and why) to make the most of your morning」も参照のこと)。

 


2. 朝の行動をルーチン化する

100517upgrade_morningroutine3.jpg
毎朝やることを予め決め、「朝のおつとめ」のようにルーチン化しよう。やることをリスト化し、まずはこれに従ってやってみて、必要に応じて修正しながら、自分に慣れさせるとよい。

Photo by ♥ellie♥.





3. 子どもにも規則正しい生活を身につけさせる

100517upgrade_morningroutine4.jpg
Photo by D Sharon Pruitt.
早起きに慣れ、多少朝の時間に余裕ができたら、子どもにも、規則正しい生活を身につけさせよう。『The Happiness Project: Or, Why I Spent a Year Trying to Sing in the Morning, Clean My Closets, Fight Right, Read Aristotle, and Generally Have More Fun』の著者Gretchen Rubinさんは、子どもに朝の習慣をつけさせるための親の心得(英文)として、必要なものは前の晩に準備しておくこと、親が十分睡眠をとること、ルーチンで行動すること、などを挙げている。子どもが慣れるまでには、多少時間がかかるかもしれないが、実際、子どもにも、朝は心地よいひとときのはず。

4. よりよい睡眠のために食事を工夫する

100517upgrade_morningroutine5.jpg
Photo by drumecho.
一日のエネルギーを再編するシンプルな方法は、夕食を軽くすること。寝付けないのであれば、夕飯を食べたあと、バナナや蜂蜜、ポテト、アーモンドといった、睡眠によい食べ物を摂ってもよい(詳しくは、ライフハッカーアーカイブ記事「朝たっぷりで夜は軽食、これで快適睡眠はバッチリ」なども参照のこと)。

5. メールでタスクの優先順位を決める

100517upgrade_morningroutine6.jpg
Photo by chadarizona.
前の晩に、上司や取引先から重要なメールが届いていても、次の日の始業時間までに、その存在と内容を理解していれば、あわてなくて済む。朝、メールをチェックし、一日のタスクの優先付けをしよう。

6. カフェインはシャキっとするのに必要な量だけ摂る

100517upgrade_morningroutine7.jpg
Photo by flash.pro.
朝のエネルギー補給にカフェインを摂るときは、必要な量だけにとどめよう。米Lifehacker読者のjopasmさんによると、3~4オンス(約85g~113g)が適量だとか。紅茶やダイエットソーダの摂りすぎにも注意。

7. カフェインを頼らずに起きる

100517upgrade_morningroutine8.jpg
Photo by sleepyneko.
ブロガーのScott Youngさんは、試行錯誤の末、心身とも、5時半に目覚めるようになったそう。部屋の明かりをつける、エクセサイズをする、就寝時間を守る、朝食はきっちり食べるなど、自身の経験に基づくコツ(英文)をまとめている。カフェインに頼らず、自律的な早起きに参考にしてみてほしい。

8. 前の晩に朝の準備をしておく

100517upgrade_morningroutine11.jpg
Photo by Aidan Wojtas.
目覚まし時計や携帯電話のアラーム設定、翌日の洋服やカバンの用意はもちろん、翌日の予定を確認するなど、翌日の準備をきちんとしておこう。また、朝食のメニューを決めておくと、朝あわてずに済む(詳しくは、ライフハック系ブログメディア「LifeClever」の英文記事でどうぞ)。

9. 朝、腕立て伏せでカラダを起こす

100517upgrade_morningroutine9.jpg
Photo by whyld.
朝イチで腕立て伏せするなどして、体に「そろそろ起きる時間だよ」と知らせるのも一法。トレーナーのDan Boyleさんによると、無理のない回数で腕立て伏せをやり、30秒休憩するというサイクルを、2回以上繰り返すのがオススメだとか(詳しくは、「エネルギーをチャージする、朝の簡単エクササイズ」を参照のこと。腕立て伏せのバリエーションについては、「実はいろいろあった腕立て伏せのやり方(動画)」もあわせてどうぞ)。

10. 自分のピーク時間を知る

100517upgrade_morningroutine10.jpg
Photo by Hamed Saber.
人によって、集中力やエネルギーがピークに達する時間は、異なる。自分にとっての「ピークタイム」を知り、これにあわせて仕事のスケジュールを調整すると、生産性向上にもつながるだろう。具体的には、1週間のエネルギー変動を「みえる化」し、バイオリズムを調べてみるのも一法(このテーマについては、「朝型と夜型でパフォーマンスのピークが違うらしい」も参照)。


ちなみに、ピークタイムに関する、2009年3月の米Lifehacker読者アンケート(英文)によると、朝派が15.2%、午前中派が26.3%であった一方、深夜派も27.4%と、いまだに「夜型」も根強い人気(?)のよう。こちらの10のアイデアも参考に、朝の時間を有意義に活用するというアプローチも、試す価値ありですよ!


[Top 10 Ways to Upgrade Your Morning Routine]

Kevin Purdy(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.