• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライターゲストライター  - ,  10:00 AM

完璧主義のワナにハマらないための8つのコツ

完璧主義のワナにハマらないための8つのコツ

100510pitfall_perfectionist.jpg

Photo by Viernest.


より高いハードルを自分に課し、より大きな成果を達成すべく、日々努力することは、自身の成長にとって大切なことですね。しかし、ときに「完璧」にこだわりすぎることは、視野を狭め、効率性を損なうなど、せっかくの志がアダとなってしまうことも...。こちらでは、「完璧」という名のトラップに陥らないための心がけについて、採りあげてみたいと思います。

生産性向上をテーマとする、お馴染みのブログメディア「Stepcase Lifehack」では、気づかない間に陥りがちな「完璧主義」の落とし穴について、以下のように指摘しています。

 


  1. 効率性が落ちる
  2. 「完璧」にこだわると、必要以上にタスクに時間をかけてしまうため、効率性が低下する。

  3. 効果的でなくなる
  4. 必要かどうかを検証しないまま、アレコレと手を加えてしまう「自己満足」に陥り、かえって効果的なものでなくなるおそれがある。

  5. タスク完了が先延ばしになる
  6. すべてを完璧にしようとすることで、本来はシンプルなタスクが、過度に複雑になってしまう。これによって、いつまでもタスクは「未完」のまま、先延ばしになってしまうおそれあり。

  7. 「木を見て森を見ず」
  8. 完璧にこだわりすぎると、どうしても細部に目がいきがち。かえって、大きなフレームやビジョンを見逃すことに...。

  9. 根拠のない問題に大騒ぎしがちになる
  10. ほとんどは表面化せず、気にする必要のない些細な事柄が気になり、過剰に捉えてしまう、おそれがある。

では、これらの事態に陥らないためには、どうすればよいのでしょうか?この記事では、以下の8つのコツを挙げています。

  1. 「8対2」ルールを活用する
  2. 20%の時間で、80%までタスクを完了させるという「8対2」のルールを応用してみよう。細部にこだわりすぎることは、実はよりよい成果にもつながりにくい。

  3. 投資対効果のトレードオフを意識する
  4. 時間とエネルギーは有限なもの。何かに時間とエネルギーを使うことはすなわち、他の何かにこれらを使えないということだ。何にどれだけの時間をかけるべきか、トレードオフを意識すること。「生産性向上にはDo-Not-Do(やらないこと)リストがオススメ」でも触れたとおり、「やらないこと」を決めるのもときには必要。

  5. 大きな視野で捉える
  6. 「そもそも本来の目的は何だろう?」、「求めている結果はどんなものだったか?」定期的に自分に思い出させることが大切。日次・週次・月次のレビューで、本来掲げていた目標に照らし、大きな視野にたって、個々の取り組み状況を振り返ろう。日次レビューのコツは、ライフハッカーアーカイブ記事「GTDに役立つ『朝10分、夜15分』ルールとは?」、週次レビューについては「GTD実現のために週次レビューの習慣をつけよう」なども、ご参考まで。

  7. 重要なことに集中する
  8. 重要で影響度の高いことに集中し、時間を使うこと。そうでないものは、優先度を下げること。重要度や影響度の高低は、本来の目標に照らして判断すること。また、「緊急性」と「重要性」のマトリクスを活用するのも、一法。

  9. 時間制限を設ける
  10. タスクに取り組む時間を制限することで、効率的にタスクを完遂することができる。

  11. ミスを許容する
  12. ノーミスの成果を求めるがゆえ、時間をかけすぎてしまうのはかえって非効率。ある程度のミスを許容すれば、そこから早く学べ、成長も早くなる。

  13. 心配しすぎは、たいてい徒労に終わることを自覚しよう
  14. 事前に計画や準備をするのはよいことだが、想像だけで過剰にアレコレ心配するのは効率的とはいえない。

  15. きちんと休憩を取る
  16. 定期的に休憩を取ることで、気分や意識をリフレッシュさせることができ、生産性向上にもつながる。疲れてはかどらないのに、ダラダラ仕事を続けるのではなく、ときには潔く休むことも大事。このテーマについては、ライフハッカーアーカイブ記事「罪悪感なく仕事の区切りを付ける4つのステップ」も参照のこと。

    つい完璧を目指して頑張りすぎてしまう方は、お金と同じく、自分が持つ時間とエネルギーは有限だ、ということをまずは自覚してみましょう。この意識を持てば、自然と「何にどれだけ割り当てれば効率的か?」という「予算」的な発想で、仕事全体をマネジメントすることができますよ。時間とエネルギーも「やりくり上手」になって、生産性向上につなげていきましょう。


    Why Being a Perfectionist May Not Be So Perfect [Stepcase Lifehack]

    Whitson Gordon(原文/訳:松岡由希子)

     

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.