• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  10:00 PM

最新Windows Home Server 「Vail」の64-bitテストが開始されました!


コード名Vailとして知られる新しいWindows Home Serverのベータ版のパブリックテストが開始されました!

64-bitのPCが必要で、しかもそのパソコンにある全てのデータを削除する必要がある、とちょっと気軽に試してみる、というのには少々ハードルが高いですが、自動バックアップやメディアストリーミングへの対応(英語記事)など、なかなか心惹かれる機能が追加されているそうなので、興味のある方はぜひ試してみて下さい。以下、マイクロソフトのサイトに掲載されていた情報となります。
 


最新Windows Home Serverのベータ版ダウンロードを開始しました(コード名Vail)。

今のところダウンロード出来るのは、英語版のビルドのみとなっていますが、Microsoftのこのサイトからダウンロードして試してみることが出来ます。現段階ではまだ開発中のなので、最終型でどうなるのかは断言出来ませんが、大きく分けて4つの改良点が見込まれています。その4つとは下記の通り。

  1. ホームまたはオフィス以外の場所でのメディアストリーム再生
  2. マルチPCバックアップおよび復元
  3. 設定の簡略化およびユーザの使用性の向上
  4. パートナー用に大幅にグレードアップされた開発ツールおよびカスタマイズツール

記事トップの動画は新機能の紹介です。

詳しい説明に入る前に、Vail Betaをインストールするために必要なハードウェア関連の非常に重要なお知らせがあるので、必ず読んで下さい!

  1. Vailを使用するには64-bit OSのサーバプラットフォームが必要です。Vailを32-bit PCで走らせること、既存のWindows Home Serverシステム(64-bitであったとしても)で走らせることは奨励されていません。(OEMドライバとの互換性の問題が生じる可能性があります)。
  2. これはベータ版です。既存のWindows Home Server v1 OEMシステムではなく(64-bitシステムであったとしても、です)、セカンダリマシン(サブとして使っているパソコン)などにインストールして下さい。既存のシステムにベータ版をインストールした場合、WHS v1のアドオンアプリケーション(OEMによって提供されているものを含む)が実行出来ないなど、多くの問題を引き起こす可能性があります。セカンダリマシンへインストールすることによりユーザの体験がより快適なものとなります。またこれはマイクロソフト側が求めているフィードバックの条件でもあります。
  3. PCにVail OSをインストールする場合、そのPCまたはデバイスにあるデータを全て削除する必要があります
  4. Vailを使用するには最低限でも1.4GHz x64プロセッサー、1GB RAM、160GB以上のハードドライブなどのハードウェアが必須となります。より詳しい必須条件はこのサイトを参照して下さい。


開発者の方向けにソフトウェア開発キット(SDK - software development kit)がベータ版には含まれています。これを活用するとOSのカスタマイズ、Windows Home Serversへの新機能やサービスの追加などの選択肢が大幅に増加します。

ソフトウェア開発キット(SDK)のダウンロードはこちらからどうぞ。

いつこのVailの完成版がリリースされるのかは未定ですが、ベータテストのフィードバックを参考に開発は進められていくはずですので、興味のある方はぜひVailを一足早く試してみて、フィードバックをマイクロソフトへ送ってあげて下さい!


Public beta for Windows Home Server, Code Name "Vail" [The Windows Blog]

Kevin Purdy (原文/まいるす・ゑびす)
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.