ダウンロードした曲をiTunesに自動同期させる方法

100408tunes-sync-bp.jpg
Photo by Shutr


iTunesは新しい曲や曲の入ったフォルダの同期という作業がいまだに苦手なのですが、ほんのちょっとの改良と最新版のiTunesを使えば、比較的簡単に新しい曲を自動的にiTunesに同期することが可能なのです。

好きか嫌いかはこの際置いておくにしても、多くの人がiTunesを使って音楽ファイルの管理をしているというのは否定できない事実です。 iTunesがいや、という感情よりもiPodが好き、という感情の方が強いからなのか、iTunesストアなしでは生きていけない体になってしまったかも知れませんが、iTunesと共存していく以上、うまく使いこなしたいのは誰しも同じだと思います。

このガイドに沿って作業していくと、その作業が終わるころにはBitTorrent経由であろうと、Web経由であろうと、Dropbox経由であろうと、ダウンロードしたどんな曲でも iTunesライブラリへ自動同期することが出来るようになりますよ!Windows/Macの両方で使える設定ですので、ぜひ試してみて下さい!それでは行ってみましょう。
 

必要なもの

iTunes
Belvedere』 (Windows) または 『Hazel』 (Mac)

仕組み

基本設定は比較的シンプルなもの。実はAppleは人知れずAutomatically Add to iTunes(自動的にiTunesへ追加)というフォルダをiTunes 9の最新版リリースの際に付け加えていたのですが、カスタムフォルダの同期はiTunesはサポートはありません。しかし、ちょっと手を加えてやれば解決できる問題なのです。

Windows用の『Belvedere』またはMac用の『Hazel』は、選択したフォルダの自動同期を行い、設定したルールに従ってこれらのフォルダへアクションを実行できる、というファイル管理ツール。基本的には『Belvedere』または『Hazel』に新しい音楽をダウンロードする全てのフォルダを監視させるように設定し、これらのフォルダに含まれるファイルをiTunesのAutomatically Add to iTunesのフォルダに自動的に追加するように設定する、というもの(注意:デフォルト設定では『Belvedere』は5分に一度しかフォルダのスキャンを行いません。もっと頻繁にスキャンを実行したい場合、アプリを立ち上げ、PreferencesタブからSleep Timeを変更します。かなり軽量なアプリなので毎分、またはそれより頻繁にスキャンするように設定していても問題は起こらないはずです)。

ダウンロードの種類によってアクションを変えたい、という状況が想定できるので、いくつかの異なる設定を下に記しておきます。

Webダウンロードフォルダにダウンロードされた楽曲の同期

まずは単純なところから。検索可能なMP3ファイルが提供されているサイトから曲をダウンロードした場合。WebからMP3をダウンロードしたら、ブラウザのデフォルトのダウンロードフォルダへ保存されます。なので、自動ファイル管理ツールがこのフォルダに保存されるMP3ファイルを検出し、それらのファイルをAutomatically Add to iTunesフォルダへ移動するように設定します。『Belvedere』でこのルールを設定する場合、下記のスクリーンショットのようになります。


100408move-web-dls-to-itunes.jpg


(注意:Firefoxを使用している場合、Automatic Save Folderのようなアドオンを使って、特定の形式のファイルを特定のフォルダにダウンロードするように設定することも可能です。この場合、全てのMP3ファイルをAutomatically Add to iTunesフォルダへ保存するように設定します)。

スクリーンショットの設定では、『Belvedere』は「C:\Users\User_Name\Documents\Downloads」フォルダを監視し、新規のMP3ファイルを探すようになっています。MP3ファイルが見つかった場合に、これらのファイルは「C:\Users\User_Name\Music\iTunes\iTunes Music\Automatically Add to iTunes\」のフォルダに移動されます。

このフォルダは定期的にiTunesによってスキャンされ、新規ファイルが見つかった場合、マイライブラリに追加され、iTunes Musicフォルダに移動されます。新しくダウンロードしたファイルをiTunesに移動させるかどうかを毎回『Belvedere』に聞いて来て欲しい、という場合、Confirm Actionのチェックボックスをクリック。と、この場合は割とシンプルなやり方になっていますが、BitTorrentの場合はちょっとこれより複雑な作業になってきます。

BitTorrentダウンロードから音楽ファイルを同期

BitTorrentから音楽ファイルをダウンロードする場合、ダウンロードが終了する前にファイルがBelvedereに移動させられると問題が起きてしまいます。BitTorrentのダウンロードは時間がかかってしまう場合も多くあるため、ダウンロードし終わってない曲をBelvedereが移動しようとする、という状況が出ていてしまう可能性がかなり高いです。なのでBitTorrent経由でのダウンロードの場合、下記の設定を行っておくことをオススメします。(ここでは例として最もポピュラーなBitTorrentクライアントであるuTorrentを使っていますが、大抵のツールには似たような機能が搭載されています。)ダウンロードが完了したファイルをパソコン上の特定のフォルダに移動させるようにuTorrentの設定を行います。ここの例ではCompleted Music Downloadsというフォルダを指定していますが、この場所や名前は任意のもので問題ないです。:


100408completed-dls.jpg


次に上の例で行ったのと同様に、そのフォルダにある新規MP3ファイルをモニターするように『Belvedere』を設定します。新規ファイルがある場合、それがiTunesのフォルダへ移動されます。

BitTorrentダウンロードの場合、MP3ファイルはフォルダに格納されているので、この設定の際に Recursiveボックスにチェックを入れておき、中にあるフォルダもスキャンするように設定します。


100408move-complete-bt.jpg


この場合、BitTorrentクライアントから移動するのではなくシードするためにもファイルをコピーするのが理想的なのですが、『Belvedere』 にはどのファイルにアクションを実行し、どのファイルにはアクションをまだ実行していないのか、というのを記録する機能がないので、現時点では移動させる、というのがベストオプションとなっています。将来的にはこの機能を持たせたいと思っています。

Dropboxを使ってリモート操作で曲を追加

100408itunes-dropbox.jpg全くの偶然なのですが、この記事を書いている時にこのMakeUseOfの記事がニュースリーダーに入ってきました。

この記事では同じようなやり方を使い、Dropbox経由でiTunesライブラリに曲をリモート操作で追加する方法が書かれています。基本的にはDropbox内にフォルダを作成し(この記事では「iTunes Temp」というフォルダを使用)、そのフォルダにある新しい音楽ファイルのモニターが行われるように設定し、音楽ファイルが見つかった場合、Automatically Add to iTunesフォルダへ自動的に移動されるようにしておきます。

Dropboxを使用した場合、例えば職場からでも家のiTunesライブラリへ新しい曲を追加することが可能です。上の例で紹介したやり方はDropboxでも同じように活用出来ます。が、この記事ではAutomatorを使って紹介しているので、Macユーザの方はAutomatorを使ってみても良いかと思います(同様にこのサイトの読者がDropboxフォルダ以外のフォルダやファイルを同期する方法を用いて同期させる方法を提案しています。iTunes Temp DropboxフォルダとモニターされているiTunesフォルダの間にシムリンクを作成しておくとこのプロセスが更に簡潔化されます。要するに同期方法は色々あるってことですね)。

自動同期されなかったファイルを発見する方法

100408not-added.jpgもしAutomatically Add to iTunesフォルダにあるファイルがiTunesに何らかの理由で追加されなかった場合、フォルダ内に「Not Added」という新規フォルダが作成されているはずです。その中には日付スタンプ付きのインポートされなかったファイルが入っています。

今までの経験上、上手くインポートされずNot Addedのフォルダに入っていたのは、アルバムアートやその他のアイテムなど、そもそもこのフォルダに入っているべきではないファイルばかりだったので、通常の場合は上手く同期されると考えてもらって問題はないと思います。

まとめ

ここまで読んで頂くとなんとなく分かったかと思いますが、同期を行うための方法はここで紹介した以外にもかなりあります。個人的には 『Belvedere』『Hazel』を使った方法がオススメですが、他のやり方でiTunesへの自動同期がうまく出来た、という方はその方法をぜひコメントで教えて下さい!


Adam Pash (原文/まいるす・ゑびす)
 

Hot Entry
Recommended
関連メディア