• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,  08:00 PM

意外に難しい包丁の手入れにまつわるコツ

意外に難しい包丁の手入れにまつわるコツ

100426knife_sharpening.jpg


自炊は、健康的な食生活と節約に効果的ですね。自分で作る料理は、美味しさも格別です。では、お料理に使っている包丁の手入れ、どうしていますか?こちらでは、実際やるとなると意外に難しい「包丁のお手入れ法」について採りあげてみたいと思います。

フード系ブログメディア「Serious Eats」では、包丁を長く使うための手入れ法について紹介しています。

 


手段のひとつは「プロの研ぎ師」に依頼すること。研ぎ石で包丁を研ぐのは、意外に鍛錬が必要なので、多少高価でも、手っ取り早く確実な方法かもしれません。

もうひとつの手段としては、電動包丁研ぎ器というものもあります。手動で研ぐときのような微妙な手加減が必要なく、短時間で済むのが利点ですが、この記事によると、刃が必要以上にそぎ落とされてしまうのが欠点。また、手動で研ぐ場合に比べ、刃がキレイに仕上がらないのも課題です。マイ包丁をより長い期間、ずっと切れ味よく使いたい人には、オススメの手段ではないようです。

この記事のオススメは、やはり王道の「水砥石」。これをうまく使いこなすには、いくつかのポイントがあるそうです。

まず、大きめの石を選ぶこと。幅2.5インチ(約6.3cm)、長さ8インチ(約20.3cm)、厚さ1インチ(約2.5cm)以上のものを選びましょう。

また、研ぎ石は、粒子の荒さ・細かさが数字で表されています。数字が高いほど粒子が細かく、刃をよりシャープにできますが、時間はかかります。そこで、この記事では、800程度の「中砥」と2000以上の「仕上げ砥」の2種類の研ぎ石を備えておくことを勧めています。もし、予算上1つだけしか買えない場合は、1,000~1,200がオススメだとか。

研ぎ石は、まっすぐになるように使いましょう。また、使いおわったら、しっかり乾かし、キッチンタオルなどでくるんで、油のないところで保存すること。油は、石にある小さな穴に浸み込み、石の「研ぎ力」を損なわせるそうです。

家庭の包丁は、半年に1回程度の手入れが必要とのこと。普段わたしたちの食事を支えてくれている、包丁さんの労をねぎらう意味でも、これらのコツを活用し、定期的にお手入れしてあげましょう。


Knife Skills: How to Sharpen a Knife [Serious Eats]

Kevin Purdy(原文/訳:松岡由希子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.