• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,  12:00 PM

クラウドリーディング:vol.20『行動科学で人生を変える』

クラウドリーディング:vol.20『行動科学で人生を変える』

100421_science.jpg


「意志が弱くて...」、「根性が無くて」、「やる気が出なくて...」と、お悩みの方も多いと思います。なにを隠そう私もその一人。

自分の好きなことは、いいこと悪いこと問わず続くのですが、英会話とか禁煙とかそういうものは、もう年中行事のように、決意してはやめの繰り返しです。

「自分の意志が弱いからかなあ」なんて思ってましたが、この本を読んだら自分の意志や根性のせいじゃなくて、続く仕組みや技術を分かってないからだと気づきましたよ!

その秘密は、アメリカ発の科学的マネジメントの『行動科学』にあります。科学ですから、実現再現性と検証性があります

行動科学マネジメントには「MORSの法則」と呼ばれる「行動」の定義があります。

M (Measured) 計測できること
O (Obserable) 観察できること
R (Reliable) 信頼できること
S (Specific) 明確化されていること

この4つを備えているものを「行動」と呼ぶんですね。そして、この行動に焦点を当てることにより、続けたいものを続け、やめたいものを減らし、最終的にはやめることが可能になります

続きます。

 


本書では、物事が続かない理由をたった二つとしています。

1. やり方がわからないから
2. やり方はわかるけど、「継続の仕方」がわからないから

1の「やり方」については、多くのhowto書や講座などがありますから、問題となることは少ないでしょう。問題は2番目の「継続の仕方」の方ですね。こちらの方は、ちょっとよくわからないですね。

本書では、これを「不足している行動を増やしたい」、「過剰な行動を減らしたい」の二つに分類し、それぞれ継続する方法を行動科学の観点から解説しています

印象的なのは「結果」に焦点を合わせずに、あくまで「行動」に焦点を当てていること。営業マンを例に出せば、営業の結果に焦点を合わせずに、営業の電話の数や訪問件数に焦点を当てます。

ビジネスですから、結果が全てで、売り上げなどで回りも自分も評価してしまいがちですが、相手次第で結果が出るときもあれば、そうでないときもあるでしょう。人間が相手ですから。頑張っているのに結果が出なくて腐ってしまって、投げやりになってしまっては、元も子もありません。しかし、行動に焦点を合わせてれば、一定のペースで頑張っていれば、淡々と続けることができます。

ダイエットにしても、思うように体重が減るときもあれば、そうでないときもあるでしょう。でも、思うように結果が出ないから挫折するよりは、行動に焦点を合わせて淡々と「やるべき事はやっている」と自分に言い聞かせ、長期的に取り組むと、長い目で見ると結果もついてきそうです。

あと意外だったのは、懐かしの小学生の頃にやった、ラジオ体操のスタンプのような、行動を達成したら貼るシールなどが、行動科学的には非常に有効だということ。あのスタンプにそんな高度な秘密があったとは...。人間なんて、案外その程度の単純なものなのかもしれませんね。

また、行動科学の観点から使わない方がよい言葉も載っています

・モチベーションを上げろ!
・常識で考えればわかる!
・やる気を出せ!
・真面目にやれ!
・もっと元気を出せ!

職場や学校などで、言われたことがあるような言葉ばかりですが、どれも具体的な行動を指示していません。これでは、言われた方も困惑してしまいますよね。大体「モチベーションを上げろ!」って言われて、上がる人なんかいるわけ無いだろうにと思います。

望む結果を得たり、望ましい人生を送るには、まず行動を変えることです。行動科学の手法を使ったとしても、最初は大変だと思いますが、習慣になったらしめたものですね。

派手なピンク表紙ですが、奇をてらった内容ではなく、新書のサイズで行動科学の基本がまとまった良書と思います。著者の石田淳氏は、応用編とも言える、ビジネス・育児などの各分野での著書も多いので、本書で基本理論を理解して、なるほどと思ったら、応用編に進むといいですね。

良い行動は習慣として継続したいなあ。クラウドリーディングの連載は継続されるのかなあ。僕の行動次第かなあ。


(聖幸)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.