• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,  08:00 AM

フォントや色など細かな機能は一切なしのマインドマップツール「Think」

フォントや色など細かな機能は一切なしのマインドマップツール「Think」

100421think.jpg


マインドマップは、頭の中を可視化できる思考整理術。ブレーンストーミングとの相性もバッチリです。最近では、マインドマップのためのオンラインサービスやソフトウェアが、増えてきましたね。こちらでは、「やっぱり紙と鉛筆に勝るものなし」という、シンプル派にオススメのマインドマップツールをご紹介しましょう

 


「Think」はその名のとおり、考えることだけに集中させてくれる、超シンプルなマインドマップツールです。機能はノードの作成・結合・削除といった、基本的なもののみに限定し、ノードの太さや、色・フォントの変更など、本来はどうでもいいことだけど、意外に凝ってしまいがちな詳細設定機能は、一切ありません。冒頭の画像のとおり、緑の「+」で新規ノード作成、赤の「×」でノード削除など、ユーザインターフェイスも直感的です。エクスポートももちろんカンタン。クリック1発でPNG形式でエクスポートできます。

このツールを使うには、My OpenID、Google、Yahoo!のいずれかのアカウントでログインするか、新規のユーザ登録が必要。こうすれば、作成したマップを保存しておくこともできます。ちなみに、マインドマップのテキストには、日本語入力もOKです。「Think」にご関心をお持ちの方は、こちらのページからどうぞ。

このほかのマインドマップ系ツールといえば、米Lifehackerが選ぶマインドマップ系ツール5選では、「MindMeister(ウェブアプリ・無料)」、『Mindjet MindManager(Windows/Mac・有料)』、『XMind(Windows/Mac/Linux・無料)』、『FreeMind(Java・無料)』、『iMindMap(Windows/Mac/Linux・有料)』がランクインしていました。とくに、米Lifehackerの読者さんの間では、『FreeMind』と『MindManager』が人気だったそうですよ。ご自身のニーズと使い勝手にあわせて、最適なものを選んでみてくださいね。


Think [via MakeUseOf]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.