• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,  08:00 AM

借金マネジメントは、毎月の返済コストを把握することが第一歩

借金マネジメントは、毎月の返済コストを把握することが第一歩

100407monthlycost_debt.jpg

Photo by Photos8.com.


住宅ローンなど、人生のあるタイミングでは、お金を借りることも必要。しかし、借りるまではアレコレと調べたり、計画立てするものですが、実際返済する段になると、あまりケアしていないかも...。「借金」そのものをなんとなく毛嫌いしてしまい、あまり考えたくないなぁと思ってしまうのも人情ですね。しかし借金は、返済からがマネジメントの腕の見せ所。こちらでは、借金返済にまつわるマネジメント術をご紹介しましょう。

ライフハッカーではおなじみの、マネー系ブログメディア「Get Rich Slowly」では、自分の借金・債務を一覧化した上で、毎月の返済コストをきちんと把握することを勧めています。

 


具体的な方法としては、まず自分が負う借金をすべて把握するため、「借金リスト」を作成しましょう。これにより、自分の借金の範囲を認識することができ、課題の発見や対策立てに役立つそうです。

リストは、シンプルに以下の4つの項目でOK。

  1. 借金の名前
  2. 金額
  3. 利息率
  4. 平均の月返済額

「借金リスト」ができたら、この表に「月ごとの返済コスト」という項目を追加。返済額のうち「どれだけが利息分で、どこからが元本返済分なのか?」をチェックし、「利息分」を「コスト」と捉えて、その数値を入力していきましょう。こちらのウェブツール(英語)や『ローン返済シミュレーション for Excel』といったフリーソフトを活用すると、カンタンに計算できますよ。

一覧が完成したら、借金に関する毎月の返済コスト総額をチェックしましょう。それが適正かどうか?多すぎる場合、どこをどうすれば減らせそうか?などの観点でみるとよいでしょう。

また、このコストをさらに大きく年額ベースで捉えれば、「借り換え」といった大規模な施策の検討につなげやすい一方、日割計算してみると、「毎日、これだけのコストを払っているんだな」と改めて認識でき、借金コスト減へのモチベーションにできるそうです。

ここにおけるポイントは、ブラックボックスにさせがちな借金にまつわる現状を、透明化すること。自分はどれだけの借金を抱え、その返済のために、さらにどれだけのお金を使っているのか?を正しく認識することが、借金返済マネジメントの第一歩ということのようですね。


Erica Ho(原文/訳:松岡由希子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.