• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,  06:00 PM

iPadで複数のGoogleカレンダーを表示させる方法

iPadで複数のGoogleカレンダーを表示させる方法

100406ipad_glcalendar_top.jpgウワサの『iPad』が4月3日、いよいよ米国で販売スタートしました。販売台数は、初日だけで30万台を突破。今月下旬に予定されている、日本での発売開始も待ち遠しいですね。そこでこちらでは一足お先に、iPadのハックをひとつご紹介しましょう。

『iPad』では、Google SyncでGoogleカレンダーを同期させることができますが、ひとつのカレンダーしか使えないのが難点。そこで、テック系ブログメディア「jkOnTheRun」では、iPhoneブラウザのように見せかけて、Google Syncのモバイルページに移動し、複数のカレンダーを表示させる方法を紹介しています。ちなみにこの方法では、ウェブブラウザ『Safari』を利用しています。

 


詳しくはこちらの記事(英語)もご参照いただくとして、大まかな流れは以下のとおり。

  1. Safariを開き、プレファレンス画面に移動する。
  2. プレファレンス画面で「Advanced」タブへ移動し、「Show Develop menu in menu bar」にチェックを入れる(既にチェックが入っている場合はそのままでOK)。

  3. 100406ipad_glcalendar_2.jpg

  4. Safariのメニューバーで「Developメニュー」オプションを選ぶ。「User Agent」オプションを選択し、さらに「Mobile Safari 3.1.3 -- iPhone」を選択。

  5. 100406ipad_glcalendar_3.jpg

  6. Safariから「http://m.google.com/sync」に移動し、ログインする。GoogleはiPadをまだ正しく認識できないので、iPadからGoogle Syncを設定しようとすると、「Sorry, Google Sync is not supported on this device」というエラーメッセージが表示されるはず。
  7. Safariの「Developメニュー」へ移動し、以下の画像のように「Disable JavaScript」と設定する。

  8. 100406ipad_glcalendar_4.jpg

  9. Safariから「http://m.google.com/sync」に再び移動すると、Google Syncでは以下のようなリストが表示されるはず。

  10. 100406ipad_glcalendar_5.jpg

  11. 次の画面に移ると、冒頭画像のようなカレンダー設定画面が現れる。「Select up to 1 calendars to sync to your device(同期するカレンダーを1つだけ選べ)」というメッセージが表示されるが、このメッセージを無視して複数のカレンダーを選ぶ。
  12. カレンダーを選択したら保存。以下のように、複数のカレンダーをiPadで表示することができる。

  13. 100406ipad_glcalendar_6.jpgのサムネール画像

発売当初のデバイスは、なかなか「一から十まで...」とはいかないもの。ときにはテッキーな技を駆使するのも、この時期ならではの醍醐味といったところでしょうか。ライフハッカーでは今後もiPadにまつわるハックをご紹介していきますので、お楽しみに。


How To Sync Multiple Calendars to the iPad With Google Sync [jkOnTheRun]

Kevin Purdy(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.