• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,  02:00 PM

クラウドリーディング:vol.16『朝イチでメールは読むな!』

クラウドリーディング:vol.16『朝イチでメールは読むな!』

100324_asamail.jpg


著者の、キヤノン電子の社長である酒巻久さんの名前を聞いてもピンと来なくても、「椅子のないオフィス」や「ゆっくり歩くとアラームが鳴る廊下」の事は一時期ネット上でも話題となったので覚えている方も多いのでは。

個人的には、それらの話題にはややネガティブな印象も持っていたのですが、本書を読むとそれらの話題に対する印象も変わりますね。

本書の特徴はやはりそのカリスマ社長が書いた書籍と言うことで、理論書や啓蒙書ではなく、すべて長年の経験に裏打ちされた実践の書であるということ。仕事の本質に関わる事から、サラリーマン生活の裏技まで多彩な話題よくぞこのページ数にまとめたという感じです。カリスマ社長というと、ややもすれば冗長な自慢話が続くところですがそんな無駄は一切ありませんね。

タイトルの「メール」に関しても、普通であれば当然朝イチで一応確認した方がよいと思うのですが、「緊急で重要な用件は電話で来るから読む必要なし」とバッサリ。それもまた極端な話かと思うのですが、確かに相手がいつ読むかわからないという電子メールの特性上、著者の説もうなずける部分があります。

朝イチ電子メールチェックの弊害はそれだけではありません。

続きます。
 


電子メールにより人間関係が希薄になることも著者は指摘します。そう言うと、ITが苦手でやや敵意を持っている人にありがちな言い分のように思いますが、これは社内の同じ部署に限った話で、同僚の近況や体調にもうとくなる弊害を指摘しています。電子メールよりは印刷した回覧を使えと言うことですね。

そしてもっと電子メールによる実利的な弊害が仕事が増えて時間がかかる場合が多々あるということ。例えば、簡単な日程の調整でも電子メールだと何往復もしなきゃないですからね。やりとりを終えてから、こんなことなら電話なら数分で済むのにと思ったことも多々ありますし、もっと極端な話直接会いに行っていた方が早かったということも...


また、著者は学び続けることや情報収集の大切さも訴えますが、それもネットサーフィンで得るような軽い知識ではなく、図書館でじっくりと腰を据えて学ぶ事を推奨しています。これも同じ2時間なら2時間でもだらだらネットサーフィンするのと、図書館でじっくり学習することの時間当たりの知識の習得量の違いは私も実感するところです。

情報収集も新鮮で重要な情報は人からもたらされる事が多いとしています。その場合、「なにか新しい情報ない?」と聞いてもまともな回答が返ってくることはまれで、「最近こういう情報仕入れたんだよ!」と自分から伝えた方が「そういえばね~」と相手から返答を得られやすいとしています。これまた、僕もブログなどを通じて実感するところです。


この辺の王道ともいうべき仕事術の他に特筆すべきは長年のサラリーマン生活で得た処世術の数々。

秘書におみやげ作戦」「上司の『俺は聞いてない』を防ぐワザ」「ひがみっぽい上司とつきあう方法」「つまらない会議を楽しく過ごし出世に結びつける方法」など、仕事の本質とは関係あるようなないような微妙なラインだけど、組織で働く人間には絶対に役に立つ習慣も満載です。

「つまらない会議を楽しく過ごし出世に結びつける」は、私も感動して教えたくてしょうがないのでネタバレすると「会議中に出席者の癖を見つけメモする」です。
例えば、こんな感じですね。

  • Aさんは飽きてくるとペンをまわす

  • B課長は、エキサイトしてくると額がテカる

  • C係長は、右斜め前方に視線を動かしているときは、話を聞いているようで聞いていない
こういう事を観察してメモしてデータベースを作る、と思えばつまらない会議も本当に楽しくなりそうですね。

ただ、これも会議内で終わらせないと、自分の本当の仕事の時間にまで食い込んでしまうのでご用心。何事もほどほどに


仕事の本質の部分の、創意・工夫・改善の習慣が役に立つのはもちろんでしたが、最近の若い人があまり教えて貰えないような「組織人としての心構え」というものも学べる良書でした。

組織の中でやりたい仕事ができるのも、やりたいように仕事ができるのも出世してこそですからね。不満を言っているヒマがあったら出世した方がいいですね。

と、若い頃に私も気づいてれば良かったなあ。


(聖幸)
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.