• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  08:00 AM

カフェインを安くとるならどーれだ!?

カフェインを安くとるならどーれだ!?

100324caffeine.jpg
Photo by ynse


つい仕事中にウトウト...技やツボもありますが、何と言っても眠気覚ましの王道は手頃に使える「カフェイン」でしょう。

コーヒー、紅茶、栄養ドリンク、錠剤などカフェインを含んでいる飲食物は沢山ありますが、最もリーズナブルいやコスパが良いのは何なのか。ブログ「Wise Bread」が22商品を徹底調査!日本ではなじみが薄いモノもありますが、ミリグラム当たり単価を比較した結果は以下のとおりです:
 


  1. サプリメントNo Doz
    ($0.0008 per mg)
  2. イギリスの庶民派紅茶Tetley「テトレー/テトリー」Black Tea
    ($0.0011 per mg)
  3. 痛み止めExcedrin Extra Strength
    ($0.0015 per mg)
  4. スターバックス Grande(グランデ) コーヒー
    ($0.0056 per mg)
  5. スターバックス Grande(グランデ) 氷無しアイスコーヒー
    ($0.0059 per mg)
  6. 炭酸飲料Mountain Dew(マウンテンデュー)
    ($0.0090 cents per mg)
  7. スターバックス Grande(グランデ) 氷入りアイスコーヒー
    ($0.0097 per mg)
  8. ダイエットコーラ/Tab (Tie)
    ($0.0104 per mg)
  9. 炭酸飲料Dr. Pepper(ドクターペッパー)
    ($0.0111 per mg)
  10. 総合生理痛薬Midol Maximum Strength
    ($0.0113 per mg)
  11. サンキストオレンジソーダ
    ($0.0116 per mg)

  12. ペプシ
    ($0.0129 per mg)

  13. スターバックス ダブルエスプレッソ
    ($0.013 per mg)
  14. コーラ
    ($0.0140 per mg)
  15. エナジードリンク(栄養補給系ドリンク) Monster Energy
    ($0.0149 per mg)
  16. エナジードリンクFull Throttle/フルスロットル
    ($0.0159 per mg)
  17. ノンアルコール炭酸飲料A & W Cream Soda
    ($0.0169 per mg)
  18. スターバックス Grande(グランデ) ラテ/シングルエスプレッソ(Tie)
    ($0.0200 per mg)
  19. Barq's(バークス)のルートビア
    ($0.0213 per mg)
  20. スターバックス Grande(グランデ) タゾチャイティーラテ
    ($0.0355 per mg)
  21. エナジードリンクRockstar
    ($0.0374 per mg)
  22. Snapple(スナップル) アイスティー
    ($0.07 per mg)

コーヒーというくくりなら高いスタバじゃなくても、会社などででもっと安く飲めそうですがね。他におすすめのカフェイン摂取手段がありましたら、コメントで教えて下さい。


Cheapest Ways to Get Your Caffeine Fix[Wise Bread]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:kiki)
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.