• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,  08:00 PM

生産性向上の敵とみられがちなソーシャルネットワークをうまく味方につけるコツ

生産性向上の敵とみられがちなソーシャルネットワークをうまく味方につけるコツ

100325productivity_socialnetwork.jpg

Photo by Noah Sussman.


生産性向上において、何かと敵視されがちなソーシャルネットワーク。米調査会社Nucleus Researchは「Facebookにより職場の生産性が1.5%低下している」(英文)と指摘し、英Morseの調査では「英国企業はソーシャルネットワークにより年間22億ドルのコストがかかっている」(英文)と伝えています。では、ソーシャルネットワークは生産性向上を害するだけのものなのでしょうか?このテーマについてとり上げてみたいと思います。

米紙「Wired」では、TwitterやFacebookといったソーシャルネットワークは、ヒトの創造的な思考に適しており、この活用は生産性向上につながると述べています。

 


この記事では、「ソーシャルネットワークが時間の浪費につながっている」との研究結果に対して、「クリエイティブな思考プロセスを無視している」と反論。そもそもヒトは、与えられたタスクに対して集中を維持できるようにはできていないため、定期的に意識を解放し、休む時間を持つことが必要なのだそうです。

創造性における、心理学と神経科学の基本書『Creativity And The Mind: Discovering The Genius Within』の著者も「ときにはぼーっとしたりして、取り組んでいる課題から自分を解放させることが、よりよい成果につながる」と指摘。定期的な休息は、課題解決スキルの飛躍的な向上につながるそうです。また、米ライダー大学のDon Ambrose教授によると、精神的なプレッシャーからの解放のみならず、目新しい情報に意識を触れさせることで、一見関連性のない概念を結びつけるといった創造性が発揮できるとのことですよ。

いかがでしたか?ソーシャルネットワークは、世界中の人々の知識の宝庫でもありますね。広くアンテナを張りながら、タスクに集中すべきときはガッツリ集中するといったメリハリが、よりクリエイティブな成果につながるということのようです。TwitterやFacebookといったソーシャルネットワークを「生産性向上のための友」として、うまく活用してみましょう。


How Twitter and Facebook Make Us More Productive [Wired]

Adam Pash(原文/訳:松岡由希子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.