• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  02:00 PM

MacBookのスクロール+その他のマウスジェスチャーをWindowsのノートパソコンで使う方法

MacBookのスクロール+その他のマウスジェスチャーをWindowsのノートパソコンで使う方法

100318trackpad_splash.jpg
Photo by Kai Hendry


MacBookの2本指スクロールや3本指ジェスチャーに一度慣れてしまった後に、Windowsのノートパソコンのトラックパッドを使ってみると、「あれ?あれ?ん、壊れた?」と思ってしまうほど、不便に感じてしまうものです。これらのフィンガージェスチャーを小さなアプリを使って Windowsのノートパソコンでも使用可能にする方法を今回はご紹介しちゃいます。

まず最初に言っておきますが、全てのジェスチャーに対応出来るわけではありません。ピンチズーム機能や回転ジェスチャーなどは出来ませんが、その他のジェスチャーはほぼ使用可能。今回はThinkPad T61pで、テストを行っています。また使用するSynapticsタッチパッドのドライバの一部などは、アンオフィシャルなものとなっています。 Synapticsタッチパッドは、Mac以外のノートパソコンのほとんどに搭載されているものです。また、それ以外のノートパッドでも作動したという報告を、ブロガーやフォーラムユーザから受けております。あくまでもオフィシャルな機能ではないので、奇妙な動作やバグが見受けられる可能性もあります。また、ドライバを完全に置き換えしまった場合、ドライバのアップグレードを行わないようにして下さい。とは言え、もしもジェスチャー機能が使えたならば、日常的にかなり多くのブラウジングをする方や、文書の編集などを行う方が受けるメリットは、かなーり大きいはず。また今後トラックパッドのドライバが革命的な進歩を急激に遂げる、という可能性も低そうなので、特にMacBookでジェスチャー機能にすでに慣れている方なら試してみる価値は十分にありそうです

 


タッチパッドドライバをあまりいじらず、ウェブブラウザでの2本指スクロールだけで良いのであれば、この記事の最初のセクションだけで十分です(難易度:低)。2本指、3本指、その他のジェスチャーベースも使いたい、という方であれば最後まで読んでみて下さい。

■シンプル3本指スクロールへの道

100318two_finger_scroll.jpg


指2本の縦スクロールのみで良いという方で、Windowsを再起動した後でもこの機能を有効にしておきたいのであれば、システムトレイをチェックしてみて下さい。非表示になっている場合もありますが、そこにTwoFingerScrollアイコンがあるはずです。それを右クリックすると、オン/オフの設定が可能なのですが、そのアイコンを右クリックし「設定」を選択。設定の中にWindows起動時に、「TwoFingerScrollを起動させる」というオプションがあるので、常にオンにしておきたい場合はここをクリック。また、それ以外にも選択可能なオプションがあり、次の「スクロール」タブでは、2本指スクロールがどう作動するべきなのかを設定可能。例えば、スピード&アクセレレーションはデフォルト、隅でもスクロールを続ける機能をオフ、スクロールモードを「スムース」に設定、などの選択が可能です。


100318twofingerscroll_tapping.jpg


その次のタブでは2本指、および3本指のタップ機能の選択が出来ます。トラックパッドにミドルボタン機能が搭載されている場合や、ボタン4、ボタン5などがある場合、2本指、3本指、2本指+1(2本指を同時、さらに1本をその外側)タップを設定し、これらのボタンと同じ働きを持たせることが可能です。例えば、簡単に右クリックできるようにする場合や、Escapeキーなどをトリガーする場合に便利なのではないでしょうか?これらのマルチフィンガータップの便利な使い方があれば、ぜひコメントで教えて下さい。

また、使ってみたけどそれほど便利でもなかった、またはどうも使い慣れないという場合、システムトレイから他のプログラムと同じ要領で、アンインストール可能です。一時的に無効にするのでは不十分な場合は、 Ctrl+Shift+Escを押し、プロセスタブからTwoFingerScrolle.exeを選択し、プロセスの終了をクリックします。

■ジェスチャー、3本指などの仕組み

スクロール動作をもっと便利に使いたい場合、また、円形スクロール機能や3本指でのスワイプやジェスチャーなどを追加したい場合、それぞれのノートパソコンが使用している、Synapticsドライバの改良版をインストールします。既存のSynapticsドライバ、またはノートパソコンメーカーのタッチパッド/トラックパッドドライバをコントロールパネル>プログラム>プログラムのアンインストールからアンインストールし、トラックパッド操作に関連するものを削除します。プログラムの追加/削除のダイアログに表示されない場合や識別しにくい場合、Revo Uninstaller Freeなどのアプリを使って、これらのドライバを検出することも可能です。この後の作業でも再起動は何度か必要になるのですが、ドライバのアンインストール後、再起動する必要があるかも知れません。マルチフィンガージェスチャーをトラックパッドで使用するには、一般使用向けに改良された、あるネットブック用に作成されたトラックパッドドライバ一式をインストールします。今回テストで使用したThinkPadにインストールしたドライバは、synaptics_v10.2.4.0_allOS_modded_b2.zipというパッケージから入手。ファイル共有サービスMy Digital Lifeブログからのリンクを辿って、取得しました。また64-bit用のドライバなども必要であれば、ここから入手出来ます。フリーファイルホストサービスからのダウンロードが出来ない場合、または60秒間のダウンロードディレイを避けて通りたい場合、パッケージをグーグル検索してみると見つかるはずです。インストール前に必ずダウンロードしたZIPファイルのウイルススキャンを行って下さい


100318security_warnings.jpg


ファイルをダウンロードしたZIPファイルから抽出したら、Setupファイルをダブルクリックし、インストール開始。信頼出来ない、または未証明のドライバをインストールしようとしていますといったメッセージが出る場合も確認して、続行してください。セットアッププロセスが終わったら、おそらく再起動が必要になるので、再起動をかけます。再び起動したら、インターネットからダウンロードされた、Synapticsドライバのインストール関連のプログラムが、システム上で実行されるのを許可するかどうか聞かれるはずです。左下にある「この形式のファイルの場合必ず確認する」というボックスからチェックを外しておけば、このプロンプトは、次回の起動の際には表示されないはずです。縦スクロール可能なブラウザ、または文書を開き、2本指スクロールが可能かどうかを確かめてみて下さい。ちゃんと動いていれば問題ないですが、もしも作動しない場合、TwoFingerScrollをインストールし、2本指スクロールを手動で有効に設定する必要があるかも知れません。


100318_synaptics_setup.jpg


さて、ここから先が本番です。コントロールパネルを開き、「ハードウェアと音」のセクションから「マウス」を選択。右端にあるタブは、赤いアイコンで「デバイス設定」と書いてあるはずです。Synaptics Touchpadがそのタブで選択されていることを確認し、その下にある「設定」ボタンをクリック。カスタマイズ可能なオプションが表示されます。ここでしっかりと注意を払うべき箇所は、下記の複数箇所です。

  • ポインタモーション下にあるウィンドウの角のスクロールを設定する、Sticky Bordersというセレクション。
  • 以前使っていたトラックパッドの端でスクロールさせる機能、Virtual Scrolingをオフに設定
  • ポインタモーションヘディング下にある、Momentumというサブセクション。スクロールスピードに基づくアップル風なスクローリングを提供。
  • Three-Finger Gesturesおよび、そのサブセクションTop and Bottom、三本指を上下にドラッグした際に、それぞれどのような動作をするのかを設定。このジェスチャーをブラウザのページ戻り、ページ送り用に使うと便利ですよ。
  • 斜めドラッグ、左から右、右から左へのフリックアクションなどを追加できる、Two-Finger Gestures

冒頭でも説明しましたが、ピンチズーム機能、回転ジェスチャーには対応していません(少なくともテストしてみたノートパソコンでは作動しませんでした)。ご使用のパソコンによって出来たり出来なかったりの部分がどうしても出て来てしまうとは思いますが、興味のある方はぜひ試してみて下さい。また、トラックパッドの改良ドライバをインストールした後のWindows更新、その他のノートパソコン関連のソフトウェア更新の場合、Synapticsドライバが更新されてしまわないことを、自ら確認する必要が生じてきますのでご注意を

ここまでの内容の実際の映像を見てからどうするか決めたいという方は、Synapticsから提供されている下記の動画をどうぞ。ここで紹介されているほとんどは、My Digital Lifeブログの記事でカバーされています。その動画コレクションから2つここに貼っておきますね。

■円形モーションによる縦スクロール

■スリーフィンガーダウン


シンプルなTwoFingerScrollと同様、この機能をパソコンから削除するのは、簡単に出来ます。WindowsコントロールパネルまたはRevo UninstallerからインストールしたSynapticsパッケージをアンインストールし、Windows更新またはノートパソコンのメーカーのドライバページからデフォルトパッケージをダウンロードして下さい。

このマルチフィンガーコントロール、一度慣れてしまうと、ほんとに便利なので、まだ体験してない方もぜひ一度試してみて下さい!使ってみた方は感想をぜひコメントで教えて下さい!


Kevin Purdy (原文/まいるす・ゑびす)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.