• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライターゲストライター  - ,  04:00 PM

ハードディスクドライブの進歩がXPのパフォーマンスを悪化させる?!

ハードディスクドライブの進歩がXPのパフォーマンスを悪化させる?!

100312xp_slowdown.jpgのサムネール画像
Photo by Ody5iu5.
『Windows XP』は世界で最も広まっているOSと言われていますが、その勢力図がガラっと変わってしまうかもしれない兆候が現れました。ハードディスクドライブメーカー各社は、2011年にかけて、ドライバのセクタサイズを現状の512バイトから、新標準の4キロバイトに拡張する方針で、これにより、XPのパフォーマンスが落ちてしまうおそれがあると、英BBCが伝えています。

 


これまで標準だった512バイトは、数メガのハードディスクでは便利ですが、ハードディスクドライブがテラバイト規模のデータを保持する場合に有効でなく、むしろ、新基準に移行することで、省パワーかつ信頼性が高い、より大きなドライブを生産しやすくなるのだそう。

さて、ここで問題になるのが、512バイトを前提に設計されている既存OSたち。特に、XPをはじめとするWindows OSの適合性には最も深刻な問題が認められ、スピードも最低値まで落ちたとか。

一方、Windows 7/Vista、OS X Tiger/Leopard/Snow Leopard、2009年9月以降にリリースされたLinux kernelは、4キロバイトをきちんと認識し、問題なく稼動するようです。

XPユーザさんにとっては、XPといよいよお別れか?それともテッキーな裏技をひねり出すか?というタイミングが来ているのかも。4キロバイト仕様のハードディスクドライブで、XPを華麗に動かす方法やアイデアがあれば、ぜひコメントで共有してください。


Hard drive evolution could hit Microsoft XP users
[BBC News]

Kevin Purdy(原文/訳: 松岡由希子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.