• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  12:00 PM

梱包用のピーナッツ型発泡スチロールを釘打ち、ネジ締めに利用するハック

梱包用のピーナッツ型発泡スチロールを釘打ち、ネジ締めに利用するハック

100312peanutsnailscrew.jpg


ネット通販多用していますか?梱包材として使われている、小さなピーナッツ状のやわらかい発泡スチロール、ありますよね。このスチロールが日曜大工やDIYにつきものな、釘打ちやネジ締めに使えるそうです。

日曜大工、ガーデニングを扱っているサイト「This Old House」では、ピーナッツ型発泡スチロールをフル活用する、10の方法が掲載されています。中でも群を抜いて良かったのが、親指の痛みを防いでくれる活用術を含む2つの技でした。こちらではその2つをご紹介します。

 


1つ目は、誰もが経験のある痛みを防いでくれる技です。

小さな坊主釘、もしくは小さい金槌で釘を打とうとすると、大工ではない我々には指を打ってしまう可能性がつきまといます。そんな恐怖と痛みから開放されるには、ピーナッツ型発砲スチロールを使用しましょう。釘をスチロールに突き通し、釘ではなくスチロールを指でつまんで、釘を打ちます(ページ頭の画像参照)。釘と指との間に距離ができるので、指を金槌で打ってしまうことが無くなるというわけです。釘の頭さえ打ち込んでしまえば、残りは普通に打つだけです。

2つ目は、以前に紹介したゴルフティーのハックのように、スチロールを利用する技です。

ネジ穴が広がってしまい、ネジがぴったりと入らない場合には、ネジをスチロールとともに入れると良いです。ネジ穴に一緒に入れてネジを回せば、ネジの周りをエアタッチが覆って、余計な空間を埋めてくれます。

各種ネット通販などで手に入る発砲スチロール、何かに利用していますか?他にもこんな利用法があるぜ!という方がいたら、コメント欄にお願いいたします。


10 Uses for Foam Packing Peanuts [This Old House]

Kevin Purdy (原文/訳:松井亮太)

 

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.