• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,  10:00 AM

借金返済は「月1回一括」よりも「2週間に1回半額ずつ」のほうがお得らしい

借金返済は「月1回一括」よりも「2週間に1回半額ずつ」のほうがお得らしい

100311half_martgage_payments.jpg
Photo by that girl su


お金の管理は人生の管理でもあります。ゆえに、正しい収支バランスを保つことは、生きていくうえで大切なことですね。したがって、お金を借りる際は、そのタイミングやボリュームを賢く判断する必要がありますが、返済の仕方も同様。こちらでは、ちょっとした工夫で賢く返済する方法をご紹介しましょう。

マネー系ブログメディア「The Simple Dollar」では、貸し手が手数料なく分割返済や繰上げ返済を認めていることを前提とした場合、月1回の一括返済よりも、2週間に1回、半額ずつ返済するほうが返済総額を抑えられると述べています。

21万9000ドルの債務があり、毎月の返済額が1300.89ドルであるケースを例に挙げてみると...
 


パターン1: 月に2回、半額ずつ返済する

毎月15日と末日といった具合に、月に2回に分割して返済する。この場合、毎月の支払額は変わらず、年間通じた支払額も変わらないが、利息分の2,931.33ドルが節約できる。

パターン2: 2週間に1回、月返済額の半額を返済する

1年間でみると、月返済額の半額を26回、返済することになる。これはつまり、1年間で13ヶ月分の返済を行ったことになり、予定よりも1ヶ月分繰上げ返済していることを意味する。この場合、計算上は41,117.09ドルも返済総額を削減することができる。

この記事の筆者の見解としては、「毎月2回、分割返済方式」は、お金の管理が煩雑になる手間を考慮すると、それほどお得とはいえないが、「2週間に1回、半額返済方式」は借り手にとってメリットの高い返済方法とのこと。

いずれの方法も、お財布全体のキャッシュフローとうまく組み合わせることもポイントのようですね。たとえば、毎月お給料をもらったら、月に2回のタイミングできちんと返済できるように返済分を別途キープしておくなど、工夫するとよいでしょう。くれぐれも、お金は計画的に使いましょうね。


Mortgage "Half" Payments: How Much Do They Save? [The Simple Dollar]

Lisa Hoover(原文/訳: 松岡由希子)
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.