• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,  08:00 AM

Ginaが説く、マルチタスク偏重の落とし穴

Ginaが説く、マルチタスク偏重の落とし穴


メールの返信をしながら、IMでメッセージを送り、気になることをTwitterでつぶやきながら、プレゼンテーションの資料づくり...。PC一台あれば、一度に様々なことができるように思いがちですが、実は、人間の脳はそれほどマルチタスク志向ではないよう。米Lifehackerの母Ginaは「マルチタスクはむしろ、時間的な効率性を下げる」と述べています。

 


Ginaが「Fast Company」で語っている様子は冒頭の動画でご覧いただくとして、ポイントはこんな具合。Ginaのオススメはズバリ「ひとつのタスクに集中すること」。重要なタスクをマルチタスクでこなそうとすると、集中力があちこちにブレてしまい、結局仕事がはかどらず、時間を浪費してしまうそうです。

ライフハッカーアーカイブ記事「生産性向上にはシングルタスク志向が効果的!?」でもご紹介したとおり、書類作成やリサーチなど、集中して取り組むべきタスクは、メールやソーシャルネットワーク、ウェブブラウザなどを一時的にシャットダウンして、「シングルタスク」化したほうが生産性向上につながるかも。ポイントは、シングルタスクモードとマルチタスクモードの切り替えを、ときと場合に応じて、的確に行うことなのかもしれません。

シングルタスクでガッツリ集中したいときは「キッチンタイマー方式」や『CinemaDrape』などのツールを活用するのもいいですよ。シングルタスクモードに徹することのできる、ご自分なりの方法をつくってみてはいかがでしょうか。


Work Smart: Stop Multitasking and Start Doing One Thing Really Well [Fast Company via Smarterware]

Adam Pash(原文/訳:松岡由希子)

 

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.