• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,  06:00 PM

「ハダシは足に優しいランニング法である」ことが研究結果で明らかに

「ハダシは足に優しいランニング法である」ことが研究結果で明らかに

100202barefoot_running.jpg
Photo by shoothead.
オシャレなシューズとウェアに身を包み颯爽と駆けていくジョガーさんを見かける機会が増えてきましたね。中でも、ランニングコースとして人気の高い皇居周辺では「ここはランナー専用ではありません」という注意書きの看板が出されるほどの盛況ぶりだそうです。

さて、以前ライフハッカーでは裸足ランニングについて採りあげたことがありますが、実践してみた方、いらっしゃいますか? 実は、ある研究結果でもハダシは足に優しい走法であることが明らかになったそうです。

米ハーバード大学のDaniel E. Lieberman教授の研究チームでは、米国とケニアのランナーを対象に、「裸足のランナー」「靴を履いたランナー」「靴から裸足に転向したランナー」の3つのグループの足の重心のかかり方を比較しました。

以下へと続きます。



その結果、靴を履いたランナーの75%は着地時にかかとが地面に接するという特徴が見受けられ、その回数は1マイルあたり約1000回にも...。これが足に負担をかける一因になっているとみられています。一方、裸足のランナーはかかとを地面につけずに走り、おかげで足への衝撃をうまく回避できていたとか。

そもそも人間は、靴が発明される以前の何百年もの間、裸足で生活していました。靴の生活に慣れた現代人はつい「道が硬かったり、凸凹していて危ないんじゃないの?」と考えがちですが、実際、ヒトは、硬い地面でも、たいした痛みや不快感を感じずに裸足で走ることができるそうです。裸足、、とはいかずとも「底の薄くクッション性の低い靴で最低限、表面を保護していれば十分」とこの研究結果では考察しています。

ただし、靴を履いて走っていた人が裸足派に転向する場合は、徐々に切り替えていくことが必要だとか。靴と裸足とでは、走るときに使う筋肉が異なるためだそうです。この考察では、ふくらはぎと足の筋肉を作りながら、裸足にシフトとしていくことが望ましいと指摘しています。


いかがでしたか?

ハダシ走法の利点については、米ハーバード大学のこちらのページでさらに詳しく述べられています。また、ジョギング関連記事としては、ライフハッカーアーカイブ記事「ジョギングでケガをしないコツは『歩き』を挟むこと」や「ジョギング中の呼吸に関する7つのコツ」なども参考にしてみてくださいね。


Barefoot Running: How Humans Ran Comfortably and Safely Before the Invention of Shoes [Science Daily via BoingBoing]

Lisa Hoover(原文/松岡由希子)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.