• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  06:00 PM

KodakのZi8が、インタビュー録画に最適すぎる件について

KodakのZi8が、インタビュー録画に最適すぎる件について

100224zi8_01.jpg


先日紹介した、テープ起こしは動画でやるといいという記事に触発され、次回インタビューの機会があったら、動画で撮ってみようとしたところ、手持ちのコンパクトデジカメでは連続80分(PDFファイル)しか撮影できないことに気づき、長時間録画できるデジタルビデオカメラを探すこととなりました。

ぱっと思いついたXactiは高価格帯にしかACアダプタが付属しないから、いまいち。そこで、標準装備で長時間録画できる製品はないかと探したところ、KodakのZi832GBのSDHCカードで8時間以上の録画が可能!とスペック表にも書いてあったため、安心して購入。これを使ってみたところ、インタビュー用の動画撮影に最適したので、ご紹介します。
 


目的がインタビューの録画用ということで、重視した点は

  1. ACアダプタを使った長時間録画ができる
  2. 三脚が付けられる
  3. 狭い部屋でも撮れるよう、ある程度広角
  4. 画質がよければなお良し
の4点。1と2はスペック表で確認できました。3番目は「46 mm (720p/WVGA)」とありましたが、広角具合が不安なため、0.5倍のコンバージョンレンズを一緒に購入しておきました。


100224zi8_03.jpg付けてみたところ、金属リングのサイズもピッタリ。左の写真のようにちゃんと取り付けできました。これで23mmレベルの広角で撮影できます。


100224zi8_02.jpgコンバージョンレンズには2種類のサイズの金属リングがありますが、写真のZi8に付いているのは小さい方です。2種類それぞれ2つ付いているので、残りの1つは、下の写真のようにレンズキャップに付けました。キャップ脱落防止になります。


100224zi8_04.jpg


三脚に装着するとこんな感じ。ここにACアダプタを接続すれば、長時間録画準備完了です。


100224zi8_05.jpg


録画用の保存メディアには「まあ4時間くらい撮れればいいか」と思い、TRANSCENDの16GB(class 6)を使いました。公称通りの長時間録画ができるか、自宅で撮影してみたところ...


100224zi8_07.jpg


1GBごとにファイルが分割されて保存されています。動きの少ないシーンであれば1GBで1時間半ほど撮れていますので、16GBでもかなり長時間録画ができる模様です。書き込み遅延もありませんでした。8GBでもよかったかも。

Zi8で撮影した動画はこちら。



35秒あたりでピントがぼけるのは、マクロモードからノーマルモードへ切り替えたためです。その後、コンバージョンレンズを装着しています。どのくらい画角がアップするか、という参考にどうぞ。

レンズが小さいせいもあり、ちょっと細部の表現が甘めですが、インタビューを記録するのであれば、問題ないレベルです。惜しむらくは、最低動画画質が「WVGA/30fps (848 x 480、 30フレーム/秒)」のため、加工するのにはちょっと重い点。長時間の動画なら、圧縮してから加工する方がいいでしょうね。

ちなみに充電池のみで録画した際は、約1時間半の録画ができました。また、外部マイク接続も可能ですので、ICレコーダーと接続して、音声は同時録音できます。万が一の際のリスクヘッジにもなりますね。

コストパフォーマンスを抑えつつ、長時間録画をしたい方には、Zi8は最適かと思います。インタビュー以外に、簡易防犯カメラにも使えそうです。


(常山剛)
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.