• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,  10:00 PM

ストローを使った手作りフラッシュカバーでピンスポット写真が簡単に撮れる

ストローを使った手作りフラッシュカバーでピンスポット写真が簡単に撮れる

100114_StrawSnoot-01.jpg


このジャック・バウワーかと思うような緊迫感のある写真、ちゃんとしたスタジオでなきゃ撮れないだろうと思いますよね。実は、このスポットライトを当てたような写真は、なんとストローのフラッシュカバーで撮ったものなのです。

その名も「LightingMods」という写真関係のブログに、この装置の作り方が載っていました。そもそもカメラのフラッシュというのは、光を全体的に拡散して(明るくして)写真を撮るためのものです。これまでも、米ライフハッカーでは、フラッシュを使って「古びた写真に見せるための方法」や「タバコの空き箱で効果的に使う方法」などをご紹介してきました。今回は光を拡散させるのではなく、逆にストローで絞り込んで光を当てる範囲を狭くしようというやり方です。


[ 準備するもの ]

・黒いストロー 数本
・厚紙
・セロテープ
・ハサミ

[ 作り方 ]

  1. 厚紙を切って四角い輪を作ります。大きさはカメラのフラッシュと同じ大きさにしましょう。
  2. 四角の輪の半分の長さくらいに、ストローを切ります。輪の中にストローがピッタリと敷き詰められるだけの数を切ります。
  3. 切ったストローを輪の中に貼り付けていきます。この時、ストローは輪の片方にきちんと寄せて貼り付けます。
  4. ストローを貼り付けたらできあがり。ストローが貼り付いていない方の箱の部分を、カメラのフラッシュに装着して撮影します。

背景が白い壁の真っ暗な部屋で撮影すると、スポットライトが効果的に使えますよ。被写体の顔にピンスポットが当たるようにするとページ上のような写真が、被写体から少しズラすと被写体のシャドウの写真が撮れます。いろいろと試して遊んでみてください。


DIY Black Straw Snoot Grid Part 1 and Part 2 [LightingMods]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:的野裕子)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.