• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,  12:00 PM

1日を25時間分使う、4つの小さな工夫

1日を25時間分使う、4つの小さな工夫

100128squeeze_extra_hour.jpg
Photo by laffy4k
日々多忙なビジネスパーソンの皆さま、「時間がもっとあればいいのに...」と思うことはありませんか?残念ながら、時間はみな平等に1日24時間と決まっているわけですが、あと1時間くらいならやり方次第でうまく搾り出せるようですよ。となれば、あなたにとっての1日は25時間になるわけです。

仕事術を紹介しているブログ「BrettKelly.org」では、1日を「25時間」化する方法として、以下の4点を挙げています。
 


その1: 昼食タイムを活用する

昼食タイムは貴重な時間。ランチを食べ終わったら、オンラインゲームで時間をつぶすよりは、仕事に関係するブログやニュースに目を通す方が効率的。

その2: テレビを消す

自由な時間がないならば、テレビを観るのを止めよう。「「生活に幸せを感じている人は、テレビをあんまり見ない」という研究結果」などという話もありました。

その3: 睡眠時間を1時間短縮する

睡眠時間を短縮すればその分、活用できる時間は増える。普段より1時間早く起きる、もしくは1時間遅く寝ていつもどおりの時間に起きるなど、工夫の余地あり。ココロ社さんの過去記事「睡眠時間を圧縮する方法」なども参考にできそうです。

その4: 通勤時間を活用する

通勤時間を有効活用するのもオススメ。仕事のスケジュールを見直したり、独りブレーンストーミングをして思いついたことを「Evernote」にメモしておくなど、狭い空間でもできる仕事を見つけて取り組むとよい。またPodcastや「VerbaLearn」といった語学学習サイトを使って、スキルアップを図るのも、活用方法の1つです。

すき間の時間をうまく見つけて、活用するという基本的なことをきちんと実践することがポイントのようですね。「時は金なり」とも言いますから、一瞬一瞬を大切に過ごしていきましょう。


How to Make Today a 25-Hour Day [BrettKelly.org]

Lisa Hoover(原文/松岡由希子)
 

  • ,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored by cocokuri 体と同様、心を鍛えることは生きていくうえで不可欠なスキル。その心の問題にフォーカスし、世界中で脚光を浴びているのがマインドフルネスです。いま目の前にあることに集中し、自分自身を客観的に観察するトレーニング法であるマインドフルネスは、情報過多の中、マルチタスクが多く、注意力が散漫になりがちな現代のビジネスパーソンパーソンの集中力を高めるなど、働き方を変  11:00 AM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.