• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  -   06:00 PM

映画上映中にトイレに行くべきタイミングを映画毎に完璧に教えてくれる「RunPee」

映画上映中にトイレに行くべきタイミングを映画毎に完璧に教えてくれる「RunPee」

091225_runpee_update.jpg


映画館で映画を観ていて、途中でトイレに行きたくなることありますよね? でも「今トイレに行ったら良いシーンを見逃すかもしれないし...」と思うと、タイミングを決断するには相当な勇気が要ります。そんな時に力強い味方となってくれるのが「RunPee」です。

RunPeeは、映画上映中にどのタイミングでトイレに行くべきかを教えてくれるサイト/iPhoneアプリなのです。例えば、最近公開された『アバター』は上映時間が2時間42分です。3時間近い上映時間になると、子どもじゃなくてもトイレに行きたくなりそうです。

RunPeeによると『アバター』のトイレタイムは4回。事前にサイトでチェックする場合は「上映時間○分後で、これこれこういうシーンで、△△が□□した後辺り」など、映画の中のシーンを詳しく説明してくれていますので、それを覚えて映画を観てください。


iPhoneアプリの場合は、これから観る映画を選んでセットをすると、トイレタイムの1〜5分前にアラート(もちろんバイブ)で教えてくれます。トイレタイムちょうどではなく、少し余裕をみて知らせてくれる辺りが気が利いてます。このアプリはオフラインで利用できるので、映画館の中でも大丈夫です。

iPhoneアプリは英語版のみですので、選べる映画も洋画のみになりますが、映画の原題が分かれば使うのは問題無いと思います。サイトの方は最近複数言語に対応したそうですが、残念なことに日本語はまだ対応していません日本語の翻訳ボランティアを募集していますので、日本の映画ファンのためにトイレタイムを正確に伝えたい!という心意気のある方はぜひ。

iPhone/iPod Touchアプリは230円です。Androidアプリも1ドル前後でリリースされたそうです。その他モバイル系のアプリも近日リリースされるようです。

年末年始に長編映画を観る予定の方は、RunPeeをダウンロード/サイトチェックしておけば、トイレに行きたくなってももう安心ですね。


RunPee 2.0 is live [RunPee and Blog]

Kevin Purdy(原文/訳:的野裕子)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.