• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,,,,,,,,  08:00 AM

2009年フリーソフト番付(Mac編)

2009年フリーソフト番付(Mac編)

091217_pop-mac-dls.jpg


先日のWindows編に続いて、2009年フリーソフト番付のMac編を紹介します。アプリがサクサク動いて、作業がはかどると気持ちがいいですよね。ちなみに、去年はこんなアプリが番付に入っていました。

それではMac編にノミネートされた、2009年フリーソフトの紹介は以下からどうぞ!

 


なんといっても『Snow Leopard(フリーではありませんが)

091217_snow-leop.jpg


Macユーザーにとっては「Snow Leopard」のリリース、Windowsユーザーにとっては、「Windows 7」のリリースが今年のハイライトでしたね。ライフハッカーでは、「Snow Leopard」のインストール準備の方法(英語記事)や、実際のアップグレードの方法などを紹介。「Snow Leopard」になって細かい点が多数改良されましました。Macを持っていない人でも、ハッキングしないで「Snow Leopard」を入れる方法というのもありましたね。また、フリーではありませんが、アップグレードディスクを使うと、「Tiger」など古いバージョンからでも「Snow Leopard」にアップグレードできることがわかりました。もし、乗り換えられるけどまだ乗り換えていない方は、ぜひアップグレードして欲しいOSに仕上がっています。ライフハッカー[日本版]のMac OS記事はこちら

2009年もまだまだジェイルブレイクの道は続く

091217_pwnage.jpg


iPhoneのハードウェア&OSは日々改良されていますが、AppStoreはまだ承認制のまま。オープンにして競争させるまでにはいたっていません(Googleも独自のAppStoreを運営するようですが、アプリ認可に関するスタンスは未定のようです)。だから、『PwnageTool』や『QuickPwn』といったジェイルブレイクアプリもバージョンアップしているわけです。このイタチごっこへの決着は、また来年以降に持ち越しのようです。

Magnifique』でOS Xのテーマをカスタマイズ

091217_magnifique.jpg


Magnifique』はフリーのスキニングアプリです。残念ながらSnow Leopardをサポートしていないのですが、Leopardのテーマを変えるなどのカスタマイズには便利なツールです。使い方はこちらをご参照あれ。

メディアマネジャー『doubleTwist


Appleは自社以外のデバイスを規制しているので、何かと不便なことがあるのですが、そんな人には、『doubleTwist』がおすすめです。これは、ユニーバーサルメディアマネジャーで、ファイルを適したフォーマットに自動で変換して、PSPやAndroid、BlackBerryなどと同期してくれるツールです。対応している日本の携帯一覧はこちらから。

Googleの『Quick Search

091217_gqs-main.jpg


「Quicksilver」のこれからについては、先日の米lifehackerでクリエーターへのインタビュー(英語記事)があり、がっかりした人もいたようです。が、実は「Quicksilver」のクリエーターは、Googleと共同開発した「Quick Search Box」をリリースしました。これで、先行き不安だった「Quicksilver」も、しばらくは消えないのではという予想もあります。Windows版の『Quick Search Box』の記事を、日本版では採り上げていました。

Pollux』でiTunesライブラリを自動で整理

091217_Tagging_Tracks.jpg


iTunesの中はメタデータであふれかえっていても、iTunesはお掃除の仕方がうまくありません。でも、『Pollux』なら、曲、アーティスト、アルバム、歌詞やジャケット写真ごとに整理することができます。ただ問題は、現在Polluxのサイトは閉鎖されているということです。理由はサードバーティが、大量のデータを無料で動かすことができなくなったからです。それでも、米lifehackerは「Pollux」が優れたツールだと判断したので、紹介しました。似たような機能のツールには、『TuneUp』があります。こちらは現在でもダウンロード可能です。

Picasa』のMac版ベータ、リリース

091217_image-editing.jpg


『Picasa』は長い間Windowsのみのサポートでしたが、ついにGoogleはMac版の「Picasa」をリリースしました。さすがGoogle、Macユーザーはすぐに気に入って、iPhotoより使いやすいと評価しています。

まだ消えていない? 『Quicksilver

091217_qs57.jpg


Quicksilver』は、もうおしまいかなと思っていたら、ソーシャルコーディングサイト「GitHub」では何かが起きていました。それで出来上がった最新版の「Quicksilver」は、前のバージョンから比べると、Snow Leopardとの相性がよく、パフォーマンスが向上しました。ちなみにiPhone/iPod touch用の『Quick Gold』の方は、2009年のアップデートはなかったようです。

Glims』で 『Safari』をより使いやすく

091217_glims.png

Glime』はSafariのプラグインで、フリーです。これで、いまだにSafariが好きな人は、カスタマイズしてより使いやすくできますね。Safariをもっと使いこなす10のTipsはこちらに。

ここからは、クロスプラットフォームのアプリを紹介します。

ついにベータが登場、Mac版『Google Chrome』

091217_chrome-beta-1.jpg

Google Chrome』のWindows版が登場して一年強。まだかまだかと首を伸ばしていた、Macユーザーにとってはもっと長い時間に感じられるかもしれません。ご存知の通り、Mac版Chromeが発表されたのはついこの間でしたね。

namebench』で最速のDNSサーバーを探す

091217_namebench.jpg


DNSサービスといえば、Googleが最近発表したもの(リンク)がありますが、米 lifehackerとしては、『namebench』を推したいところです。『namebench』は読者にも人気で、自分のシステムの中でどれが一番速いDNSサーバーかを探し出してくれるツールです。

Google Earth 5.0β』はやはりすごい


地図とか3Dとかって、興奮しませんか? 少なくとも、米lifehackerでは『Google Earth 5』のリリースは大きなニュースでした。最新版でのアップデートでは、古地図や海底地図が話題になりましたね。

そして『Firefox

091217_firefox_3.5_official.jpg


なんだかんだいって、やっぱり私たちは最新のFirefoxがリリースされると飛びついてしまいますよね。3.5のリリースはビッグニュースでした。3.6のベータも4つありました(7月の3.5のリリース、そして3.6β版のリリースβ124)。2010年のFirefoxにも期待したいところです。

Thunderbird 3』も負けてはいません

091217_thunderbird-3.0.jpg


気がつけば『Thunderbird』の2.0から2年も経ってしまいましたが、3.0はサーチや、フィルターが使いやすくなり、タブがついたインターフェイスで、見た目もよくなりました。

DVDコピー、エンコードツール『HandBrake

091217_handbrake-top.jpg


HandBreak』はフリーでオープンソースのDVDコピー、エンコードツールです。先月のアップデートでは、多くの改良がなされました。 AVI/XviDのサポートをやめてしまっても、米lifehacker読者のお気に入りのビデオエンコーダーにもランキングしています。HandBrake日本語版プロジェクトのTOPページはこちらに。

2009年Mac版フリーソフト番付、いかがでしたでしょうか? あなたが、「今年はお世話になった...」と思うソフトがありましたら、コメントで教えてください!


Adam Pash(原文/訳:山内純子)
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.