• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,  10:00 PM

大仕事を終えてほっとしたとき、実は病気にかかりやすいらしい

大仕事を終えてほっとしたとき、実は病気にかかりやすいらしい

091210protect_holiday_illness.jpgPhoto by soopahgrover.


2009年も残すところあと3週間。年末年始の休暇前で仕事も忙しくなりがちな上、忘年会やクリスマスなど、プライベートでもイベントが目白押し。「体調を崩している場合ではない!」と気を張っている方も多いかもしれませんね。しかし、むしろこの緊張状態が緩んだときこそ、体調を崩しやすいという研究結果が発表されました。

メディカル系ブログメディア「WebMD」では、ストレスホルモンと体の免疫システムの関係について、米UCLAの研究チームの研究結果を紹介しています。

身体がストレス状態になると、ストレスホルモンが分泌され、免疫システムを刺激。これにより、病気に対する免疫が強くなるそうです。一方、いったんストレス状態から解放されると、ストレスホルモンの分泌も少なくなり、免疫システムの反応も徐々に鈍く...。すると、呼吸系の感染症、インフルエンザ、偏頭痛、皮膚炎、抑うつといった症状が表れることが多いとのこと。また、プロスタグランジンと呼ばれる物質が炎症をもたらし、これが関節痛などを引き起こすこともあるそうです。つまり、ストレス状態から解放されると、身体の免疫システムも"お休みモード"になってしまい、病気の付け入る隙を与えてしまうということのようです。

では、これを防ぐためにどうすればよいのでしょう?


この記事によると、定期的な運動・瞑想・ヨガなどが一定の効果ありだそう。具体的な方法として以下の方法を挙げています。

・ 免疫システムを活性化し、ストレスから解放された際の"お休みモード"への切り替えを緩やかにすることが望ましい。短時間(5分程度でもOK)の運動で免疫システムを刺激しよう。

・ クロスワードパズルなど、頭の体操をする。カンタンな計算ドリルなども、免疫システムの動きを高めるとのこと。

・ 深呼吸など、ココロと身体をリラックスさせる術を身につける。

いかがでしたか?
これらのコツを参考に、体調管理は十分にお気をつけくださいね。

ちなみに、この研究結果については、UCLAの研究チームの一員だったMarc Schoenさん著『When Relaxation Is Hazardous to Your Health』でも詳しく述べられています。ご関心のある方は合わせてどうぞ。


Suffering From 'Let-Down Effect?'
[WebMD]

Jason Fitzpatrick(原文/松岡由希子)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.