• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,  08:00 PM

クリスマスショッピングに便利なウィッシュリストツール5選!

クリスマスショッピングに便利なウィッシュリストツール5選!

091204wishlist.jpg
Photo by plindberg


♫もういくつ寝るとクリスーマス♫な時期がやってきましたが、欲しいものリストの作成の方は進んでいますでしょうか?今回はちょっと前に米編集部が行った調査によって明らかになったライフハッカー読者に人気の高いウィッシュリストを5つほど選んでご紹介致します。まだリスト作りが始まってない方は、その第一歩としてツール選びから始めてみては?
 


Wishpot
(ウェブベース/無料)

091204wishlist02.jpg


Wishpot」はウェブベースのウィッシュリストツール。フリーアカウントを登録すると、ブラウザのツールバーにボタンが追加され、どこのウェブサイトからでもアイテムを簡単に追加することが出来るようになります。手動でアイテムを追加してもよし、Amazonのウィッシュリストからインポートしてもよし、携帯からバーコードをスキャンしたり、ウィッシュリストへ追加する商品の写真を穫撮影して追加したりも出来ます。

リストが完成したら、共有ウィッシュリスト URLを使って共有したり、FacebookやMyspaceのページに埋め込むことも! ウィッシュリストを友達や親と共有する場合、ある商品を誰かが購入してくれることを決めたなら、その購入予定もリストに反映されるので、プレゼントがダブルこともなく安心です。ウィッシュリストを作成した本人はどれが購入予定になっているのかなどは見れないようになっているので、当日のサプライズもちゃんと残しておいてくれます。Facebook Connectを使ってもアクセスできます。

Google Docs
(ウェブベース/無料)

091204wishlist03.jpg


Google Docs」もかなりの人気を集めていました。と言っても、ウィッシュリストに特化しているものではないですが、Google Docsでも、かなりお手軽にリストを作成することが出来ます。Google Spreadsheetで簡単な表を作り、欲しいものをリストアップして行けば完成。共有もメール送信だけで簡単に出来ます。ちなみに上の画像のウィッシュリストテンプレートはここからダウンロードできます。クラウドベースでリストとして記録したいだけの方も、スプレッドシートでソートしたり分析したりといろいろ手間ひまかけたい人も、Google Docsはかなり幅広いニーズに応えてくれるはずです。

アマゾンの「ほしい物リスト」を活用する。
(ウェブベース/無料)

091204wishlist04.jpg


Amazonのほしい物リストを利用して、ウィッシュリストを作成するのもなかなかスマートなやり方ではないでしょうか?

Amazon.comの方では、Amazonで販売していない商品も欲しいものリストに追加できるユニバーサルウィッシュリストというのが最近使えるようになったそうです。日本のアマゾンの場合、大抵のものは見つかるかと思いますが...このユニバーサルウィッシュリストというのはどうやら使えないようです。自分の欲しいものがアマゾンではほとんどない、という人以外はこのリストだけでも十分かも知れませんよ。アマゾンの欲しいものリストの作成はもちろん無料です。

Evernote
(Windows/Mac OS X/ウェブベース/携帯電話、ベーシック:無料、プレミアム/年間45ドル)

091204wishlist05.jpg


Webのいたるところからギフトをインポートできる機能で、ポイントを稼いでいる他のツールに対して「Evernote」の売りはいたるところからギフトアイデアをインポートできること。Evernoteはウィッシュリストに特化しているわけではないのですが、リストをまとめておきたい場合にはかなり役に立つツールです。Windows/Mac、携帯電話、ウェブベースに対応しているので、写真やテキストをどこからでもアップでき、その後、バーチャルウィッシュリストへタグ付けして追加することが簡単に!

Wishlistr
(ウェブベース、無料)

091204wishlist06.jpg


Wishlistr」は、シンプルながらも効果覿面なウィッシュリストツール。Amazon.comのウィッシュリストなどからインポートしてもよし、最初から作るも良し。このサイトを開いていないときでも、他のサイトから簡単にアイテムをインポートできるブックマークレットツールも備えているので、管理も簡単です。

「Wishlistr」では、リストの並べ替えもドラッグアンドドロップで可能。テンプレートギャラリーも用意されているので、友達や家族とウィッシュリストを共有する前にテーマを選択すれば、見栄えもカスタマイズ可能です。

と、いろいろツールはありますが、初心に返って、ペンとメモ帳、というのも実はかなり便利だったり(電源もネットも必要ないですしね)。

ウィッシュリストツールや管理方法に関して何か補足等あれば、ぜひコメントで教えて下さい!


Jason Fitzpatrick (原文/まいるす・ゑびす)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.