• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,,  10:00 PM

カフェポッド式マシン派に贈る、好みのコーヒーで「カフェポッド」をDIYする方法

カフェポッド式マシン派に贈る、好みのコーヒーで「カフェポッド」をDIYする方法

091202make_own_coffee.jpg
Photo by e's.
デロンギやハンドプレッソなどのメーカーから発売されているカフェポッド式のエスプレッソマシン。自宅にいながらイタリアンカフェ張りの本格エスプレッソやカプチーノを手軽に楽しめるのが魅力です。最近では、セガフレードやラバッツァ(LAVAZZA)、イリー(illy)など、有名どころの豆メーカーがカフェポッドを販売しており、選択の幅も多少広くなってきました。とはいえ、超コダワリ派にとってはビミョウに豆の好みが合わなかったり、コーヒーメーカーやコーヒーフィルターで淹れるよりも若干割高感があるのが玉に瑕。そこで、好みのコーヒー豆でカフェポッドをDIYする方法をご紹介しましょう。

コーヒー情報ブログ「INeedCoffee」では、カフェポッドを自作する方法をステップバイステップで説明しています。イラスト付のチュートリアルはこちらの記事もご参照いただくとして、ポイントは以下のとおりです。

ステップ1: エスプレッソ機のポッドフォルダーに合うステンレス製のスプーンを用意する。(SENSEO製のカフェポッド式エスプレッソマシンを使用しているこの例では、1/3カップの計量スプーンがピッタリ合ったそう)

ステップ2: ステップ1で用意したスプーンとサイズが合う広口瓶と(この例では、ビタミン剤の瓶がうまく合ったとのこと)Mr.Coffee式のフィルターを用意する。

ステップ3: それぞれがピチっと合うように、スプーンに瓶を入れ、スプーンをポッドホルダーに入れてサイズを確認する。

ステップ4: Mr.Coffee式のフィルターに瓶を入れ、さらにフィルターをスプーンに入れる。フィルターを瓶とスプーンではさんで、型をつけるように押すイメージ。

ステップ5: フィルターから瓶を取出し、フィルターの中に小さじ1~2のコーヒー豆を入れる。豆はフィルターの底に均等になるようにするのがコツ。豆を入れたらこれを完全に覆うようにフィルターを折り込む。

ステップ6: ステップ5で織り込んだフィルタが入ったスプーンの上に再び瓶を入れ、型押し。フィルターを取り出して、さらにこれを手の平で抑える。

注意すべき点としては、大きいフィルターを使わないことと、折り目がいい加減にならないようにすること。エスプレッソマシンは強い圧力がかかるので、せっかくつくったカフェポッドが開いてしまうおそれがあるそうです。また、ポッドフォルダーを清潔に保ち、コーヒーを淹れる前に穴を塞いでいるものがないか確認するようにしましょう。

このDIY法を使えば、季節ごとに豆の種類を変えたりと、カフェポッド式エスプレッソマシンを使いつつ、好みのコーヒーを追求できますね。カフェポッドの豆知識については「日本カフェポッド協会」のサイトもご参考までどうぞ。



Make Your Own Coffee Pods

Lisa Hoover(原文/松岡由希子)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.