• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,  06:00 PM

「家飲み」をオシャレに楽しく催す10のコツ

「家飲み」をオシャレに楽しく催す10のコツ

091201tips_for_holiday-party.jpg
Photo by dpstyles™
2009年も残すところあと30日ほど。クリスマスや忘年会など宴会シーズン真っ盛りでもありますが、最近は自宅で友達が集まって飲む「家飲み」派も増えているそう。居酒屋やレストランよりも割安ですし、時間を気にせずゆったり楽しめるのも魅力ですね。こちらでは、米国でのホームパーティを参考に、「家飲み」をオシャレに楽しく開くコツについてご紹介しましょう。

フード系ブログメディア「TLC Cooking」では、自宅の飲み会や食事会に友人を招くコツとして、以下の10つを紹介しています。

その1: 自宅のスペースに合った人数を招待する

お客さんを多く招きすぎて、互いに窮屈な思いをさせてしまうのはNG。自宅のスペースに合った人数を招待しよう。自宅の大きさを平方フィートで表し、この数を5で割った数が最適な収容人数。たとえば、自宅が25平方フィートの場合、25/5で5人といった具合。


その2: 補助テーブルを活用しよう

メインテーブルを囲むことにこだわらず、補助テーブルを活用して、各人のテーブルスペースを確保しよう。補助テーブルであっても、上からテーブルクロスをかければオシャレに変身。


その3: 飲み物コーナー・フードコーナーを作ろう

ブッフェ形式の場合、飲み物コーナー・フードコーナーを設けると便利。部屋の動線を考慮して、部屋の角にこれらのコーナーを作るとよい。


その4: 装飾品で視界を妨げない

雰囲気づくりにフラワーアレンジメントやキャンドルは効果的だが、これらをテーブルの真ん中に陣取らせるゆえ、互いの視界を妨げてしまうのはNG。

以下へと続きます。


その5: 食器や調理器具にもオシャレ感を

高価な食器をわざわざ買い揃える必要はない。手持ちの食器をいかにうまく組み合わせるかがポイント。ダッチオーブンAplicoPyrexなどの食器やキッチングッズだとさらにオシャレ度アップ。


その6: 子供コーナーを作ろう

子供連れのお客さんがいる場合は、子供が楽しめるボードゲームやDVDを用意し、子供たちが楽しめる空間を作っておこう。子供向けのお菓子や食べ物を準備しておくとなおよし。


その7: 紙ナプキンではなく布ナプキンを使おう

紙製のナプキンは便利だが、少し"色気"に欠ける。布製のナプキンやテーブルクロスを使おう。


その8: 飾りつけはイマジネーションを発揮して

シーズンや会の雰囲気に合った飾りつけには、イマジネーションを十分に発揮しよう。花瓶に花を生けるだけでもムードが出るし、紅茶をティーポットで出したり、ミネラルウォーターをガラス製のピッチャーに移しておくだけでもOK。ちょっとした工夫でオシャレ感やスペシャル感を演出しよう。


その9: キャンドルの炎には十分気をつけよう

キャンドルの炎は特に寒い時期、暖かな光を放ち、独特な雰囲気をかもし出してくれるが、火の扱いには十分注意しよう。くれぐれも火事を出したり、お客さんに火傷をさせないように。


その10: 自分の個性やスタイルをうまく活かそう

自分の個性や好み・スタイルをうまく活かして、お客さんが楽しくくつろげる空間を作ろう。

いかがでしたか?

ポイントは、自分の個性や創造性を活かし、ちょっとした工夫や気配りを徹底的に尽くすことのようですね。これは、ホスピタリティの基本でもあるでしょう。

みなさんのとっておきの「家飲み」術などがありましたら、ぜひコメントで共有してください!



10 Holiday Entertaining Tips from Clinton Kelly
[The Learning Channel]

Sarah Rae Trover(原文/松岡由希子)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.