• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,,,  02:00 PM

主要ブラウザ最新版のスピードテスト:Google Chrome(開発版)に軍配

主要ブラウザ最新版のスピードテスト:Google Chrome(開発版)に軍配

091104browser_speed_test_top.jpg

ライフハッカー過去記事「主要ウェブブラウザのスピードテスト比較!Google Chromeが2冠」では『Google Chrome』に軍配が上がりましたが、米Lifehackerが約5ヶ月ぶりに主要ブラウザ最新版のブラウザスピードに関するテスト比較を実施しました。

今回は、

  • 『Safari 4.03』
  • 『Google Chrome 4.0.223.11』
  • 『Firefox 3.6 beta 1』
  • 『Google Chrome 2 (stable)』
  • 『Firefox 3.5.4』
  • 『Opera 10.01』
  • 『Internet Explorer 8.0.7600』

の7種類のウェブブラウザについてスピードテストを実施。ブラウザ起動からホームページが完全に表示されるまでの時間を計測しました。

テスト方法は前回とほぼ同様。以下のとおりです。
 


・ タイマーソフト『Timer』を使い、手動で時間を計測。

・ テスト機はLenovo ThinkPad T61pを使用。2GBのRAM、2.0ギガヘルツのインテルコア2デュオプロセッサーを搭載。OSは『Windows 7 Home Premium』。

・ 各テストとも3回実施し、平均値を算出。ただし、異常値は除外した。

・ 各ブラウザの公式ホームページに加え、一般的なホームページとして「Gizmodo」と「Lifehacker」のホームページ、「YouTube」と「Google検索ページ」という9つのページでタブテストした。(ちなみに、前回テストは8つのページでタブテストを実施)

091104browser_speed_test_1.jpg・ JavaScriptのパフォーマンステストでは、MozillaのDromaeoを使用した。ただし、DOMスクリプティングjQueryを用いたテストも別途実施予定。

・ Windowsのデフォルト仕様のタスクマネージャを用いて、システムメモリやRAMの使用状況を計測した。ただし、Chromeでは「about:memory」機能を利用した。「about:memory」のために使用したメモリ量は全体のメモリから差し引いている。

それでは比較項目別、スピードテストの結果は以下にて。

1. 起動とページローディング: 勝者『Google Chrome 4.0.223.11』

前バージョン4.0.203より改善され、Windows7にも適合するようになった『Google Chrome 4.0.223.11』がNo.1。『Opera 10.01』のスピードもなかなか良く、『Google Chrome 2 (stable)』に比べてコールドスタートで速く、ウォームスタートでも僅差であった。『Firefox 3.6 beta 1』も『Google Chrome 2 (stable)』並みに起動時間が改善されている。

091104browser_speed_test_2.jpg

タブテストを用いたページローディングでも『Google Chrome 4.0.223.11』が最速。『Internet Explorer 8.0』は複数ページの立ち上げにおいては『Safari 4.03』や『Opera 10.01』よりも速く、『Firefox 3.6 beta 1』や『Google Chrome 2 (stable)』と同等レベルであった。

091104browser_speed_test_3.jpg

2. JavaScript: 勝者『Google Chrome 4.0.223.11』(暫定)

DOMスクリプティングjQueryベースのテストを近々実施し、どのブラウザがコード処理やページ要素の移動に長けているか総合的に評価する予定だが、DromaeoによるJavaScriptのテストでは、『Google Chrome 4.0.223.11』および『Google Chrome 2 (stable)』が速く、次いで『Safari 4.03』となった。なお、『Internet Explorer 8.0』はDromaeoで処理が完了しなかったので、この図表からも削除している。

091104browser_speed_test_4.jpg

3. メモリ使用: 勝者『Firefox 3.6 beta 1』


『Firefox 3.6 beta 1』がメモリ使用で優勢をキープ。『Opera 10.01』、『Safari 4.03』がこれに次いでいる。『Google Chrome 4.0.223.11』および『Google Chrome 2 (stable)』はいずれもメモリコミットメントが大きめだが、4GBメモリのラップトップPCであれば、あまり気にならないだろう。

091104browser_speed_test_5.jpg

総合評価: 勝者『Google Chrome 4.0.223.11』

各テスト結果を速い順にランキングし、1位=7点、...7位=1点としてスコア化ところ(28点満点)、以下のような順位になった。

  • 1位:Google Chrome 4.0.223.11 (23点)
  • 2位:Firefox 3.6 beta 1 (21点)
  • 3位:Google Chrome 2 (stable) (19点)
  • 4位:Firefox 3.5.4 (17点)
  • 4位:Safari 4.03 (17点)
  • 6位:Opera 10.01 (16点)
  • 7位:Internet Explorer 8.0.7600 (13点)

今回のテストでも、ブラウザスピードという観点では、Chrome強し!といったところ。

前回テストはWindows XPベースでしたので、Windows7を使用した今回のテストと単純に比較できない面もありますが、各ブラウザごとの大まかな特徴は、これらのテスト結果に表れている気がします。また、各ブラウザにおけるバージョンごとの改良点を推測する際も、これらのテスト結果が参考になるかもしれませんね。


Kevin Purdy(原文/松岡由希子)
 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.