• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  -   04:00 PM

先週(11/1〜11/7)の気になるコメンテーター Best 5

カレンダーをめくる度、寒さもひとしお厳しくなりつつある、今日この頃。そろそろハクキン懐炉の出番となりそうです。さて、去年の今頃はこんな記事がありました。

年末を控えたせいか、プレゼンに関するエントリーが多かったですね。年内にもう一案件入れ込んで起きたい方へ、参考にどうぞ。

それでは、先週のコメント職人をご紹介。
 

コーヒー派も紅茶派も。美味しいホットを飲んで温まろう!!

茶こしを使うなら、回転茶こしやほうき型茶こしが便利。注ぎ口の太く、ポット自体に茶葉止めの穴のないものは特に後者がおすすめです。どちらも後始末は簡単。前者は茶渋で汚れても不要歯ブラシなどで磨けば復活します。できれば独製などの目の細かい茶こしの方が使い勝手もよく、10年スパンで使え、コスパも良好です。

by THさん

編集部より : ほうき型は知りませんでした! これはリーズナブルで見た目もオシャレ。

 


これから始めたい人に贈る「Google Apps」の基本の"キ"

有り難いテーマでの記事に感謝です。 いまいちGoogle Appsというサービスがよく分かりません。ドメインを取ってDNSを向ければ使えるということは、さくらサーバーやロリポップのようなサーバーサービスなのでしょうか?(多分違うと思うのですが。) 既存のサービスを例に出しながら補足して頂けると、「Google Appsって何?」という質問に自分も答えられるようになると思うので宜しくお願い致します。 サーバーサービスに、DocとかCalenderとかの機能がついたようなものでしょうか。

by とあるWEB制作屋さん

編集部より : 自由に使えるサーバスペースは含まれていないので、サーバサービスというより、「独自ドメインが使える統合ASPサービスで、各サービス(GmailやカレンダーやDocsなど)それぞれにサーバサービスなみの保存容量がある」と言った方が伝わるかもしれませんね。あくまでもASPなので、「DNSやドメイン取得、ユーザーが自由に使えるサーバスペースは、含まれていない」と付け加えると、他社のサービスと区別しやすいかと思います。


これから始めたい人に贈る「Google Apps」の基本の"キ"

>(無料版では最大25ユーザーまで)
とありますが、またユーザー数上限が下げられたのですか?かなり前は無制限、現在は最大50個のユーザーアカウントだと思っていたのですが・・・でも、一番はじめのイメージ「091028gappsforyrdomain-top.jpg」では100userとありますね。。。

by sonyさん

編集部より : 個人でApps使用していまして、そのダッシュボードを見たところ「このドメインには、最大 25 個のユーザー アカウントを作成できます。」とあったので、ドメインによって異なるようです...。こちらの記事を見ると50ユーザーの方が一般的なようなので、補足して修正しておきます! ご指摘ありがとうございました。ちなみに、デフォルトのユーザーアカウントはsonyさんのコメントの通り、以前より減っていますね。ただ、「ユーザーとグループ>ユーザー」にある「ユーザーの追加リクエスト」から申請を行えば、無料で増やせるとのこと。


個人型確定拠出年金の、社会保険加入者掛け金限度が来年2月分から18000円→23000円にアップ

全額所得控除の対象でしたっけ?年間10万(保険とあわせて)まで対象だと思ってました。

by てstさん

編集部より : 「生命保険料控除」ではなく、「小規模企業共済等掛金控除」の対象となるので、全額所得控除の対象になります!


Gmailに未読メールを既読メールにするバグがあるらしい

自分はこのバグに遭遇しましたが、 IMAPを一度OFFに設定、ブラウザ起動しなおした後にONにし直すと直りました。あくまで自分の場合です。

by koroさん

編集部より : 情報ありがとうございます!他のコメントにもありましたが、不正アクセスと勘違いしちゃいそうで、心臓に良くないバグですね...。

 
(常山剛)
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.