• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  -   12:00 PM

『Office2010』の全貌を一挙に解説!

『Office2010』の全貌を一挙に解説!

091125office2010_top.jpg


Office2010(Pro)ベータ版のダウンロードが開始しました。「Google Docsに多少水を空けられた感のあるOfficeがいよいよ逆襲か?」と注目されていますね。こちらでは、現在、試用リリースされている『Office2010(Pro)ベータ版』に基づき、Word/Excel/Outlook/PowerPointを中心に、Office2010の全貌をざっとご紹介しましょう。
 


Officeの概要

091125office2010_2.jpgOffice2010では、Windows7の新機能と連動した操作が容易になりました。たとえば、Windows 7では、従来のタスクバーのコンテキストメニューの代わりに、「よく使う機能リスト」を表示するようになりましたが、Outlookの新規メール作成やタスク追加など頻繁に使う機能を「ジャンプリスト」に追加しておけば便利ですね。また、よくアクセスするドキュメントは「ピン機能」を使ってタスクバーに貼り付けておくこともできます。

バックステージ画面

『Office 2010』の目玉のひとつは「バックステージ(Backstage)」。『Office2007』でも同様の機能は搭載されていましたが、大幅に機能改善されました。新規作成・印刷・ドキュメント共有などの各機能が全画面で表示され、詳細な設定もこの画面で行うことができます。

091125office2010_3.jpg


中でも、共有タブ(Share)は便利な機能。SkyDrive』のアカウントで、25GBまでオンライン保存が可能なのですが、その指定も共有タブの画面で行うことができます。また、以下の画像のとおり、「ブログ投稿として公開する」という機能も追加されました。


091125office2010_4.jpg


印刷機能はずいぶんブラッシュアップされた印象です。設定を細かく変更しながら、逐一その結果をプレビューするといったことも可能になったそうです。


091125office2010_5.jpg

テキストや画像の編集・貼りつけ

「貼りつけプレビュー」は貼りつけ操作に便利な機能。カーソルメニューから貼りつけファイルの形式を選択し、その結果をすぐに見ることができます。


091125office2010_6.jpg


また、入力されたテキストには、編集できる状態でフォント効果を設定することができます。


091125office2010_7.jpg


旧バージョンと比べて飛躍的に改善されたのが画像編集機能。様々な効果がデフォルトで搭載されています。画像の配置やリサイズ、切り抜きといったお馴染みの機能はメニューバーの真ん中あたりに付いていますよ。


091125office2010_8.jpg


画像の背景を取り除く機能も搭載されています。せっかくいい素材が見つかったのに、「この背景がジャマなんだよな~」なんてときに使えますね。


091125office2010_9.jpg

Word・PowerPoint・OneNoteでは、スクリーンショットツールが備えられています。これにより、今開いているOfficeウィンドウの裏の画面をゲットすることが可能。複数のウィンドウを立ち上げ、まとめて編集する際に便利な機能でしょう。


091125office2010_10.jpg

Excel

Excelでは、セルに小さなチャートを作成できるという新機能「Sparklines」がリリースされています。もちろんデータが更新される都度、自動的にチャートにも反映されます。


091125office2010_11.jpg

Outlook

091125office2010_12.jpg従来のOutlookに必要だったIMAPサーバーやSSLポートナンバーの設定は不要となり、メールアドレスとパスワードを設定すればOKになりました。また、Gmailなどとの統合も可能に。米Lifehacker編集部の検証によると、LifehackerのメールをホストしているGoogle Appsとはうまく動作しなかったようですが、今後のさらなる改善に期待です。

Outlookのメイン画面は以下の画像のとおり。


091125office2010_13.jpg


大きな改善点としては「Quick Steps」というツールバーができたこと。ToDoリストへの追加、フォルダへの移動、メッセージの転送など、複数の操作をワンクリックで実現できます。


091125office2010_14.jpg

PowerPoint

PowerPoint 2010での画期的な取り組みはブロードキャスト機能。現時点では、Microsoftの共有サービスでのみ利用可能ですが、将来的には他のスクリーンキャストサービスにも対応する見込みです。具体的な操作としては、スライドショータブを開き、「Broadcast Slide Show」をクリック。すると、IMや電子メールなどへのリンクがゲットできるという仕組みとなっています。『SilverLight』がインストールされていればより見やすくなりますが、追々、スライドショー共有のための他のサービスもリリースされることでしょう。


091125office2010_15.jpg


「スマートアート」クリップはPowerpointだけの機能ではありませんが、スライド作成には大変便利なもの。イラストや画像をうまく取り入れることで、より視覚的な表現が可能です。


091125office2010_16.jpg


ストリーミング動画の埋め込みもずいぶん改善され、ウェブページへの埋め込みと同じくらいカンタンにできるようになりました。Flashベースの動画サイトから埋め込みコードを貼り付ければ、PowerPoint上で動画再生できます。


091125office2010_17.jpg

ざっと駆け足でOffice2010についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
詳しくは、ライフハッカーアーカイブ記事「無料ウェブ版もあると発表されたOffice2010、オフィシャル解説動画集」でご紹介した各種動画もご参照くださいね。

Office2010に関して、「こんな機能、つけてほしい!」とか「この機能、こんな風に使えるかも」というコメント・ご感想などがありましたら、ぜひコメントで共有してください。


Kevin Purdy(原文/松岡由希子)
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.