• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  -   05:00 PM

イベント「FREEMIUM HACKS!! (フリーミアムを攻略せよ)」

イベント「FREEMIUM HACKS!! (フリーミアムを攻略せよ)」

お越し頂いた方々ありがとうございました! ライフハッカー[日本版]主催、NHK出版さま、青山学院社学連携研究センターさま協賛による、おそらく"本邦初"といえるフリー〈無料〉をテーマにした画期的なイベント。「FREEMIUM HACKS !!(フリーミアムを攻略せよ)Featuring『フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略』」が、11月20日青山学院アスタジオで開催され、大盛況で終了することができました。


free_photo_main.jpg


第一部「Rockin' In The Free World」は、頓智・株式会社COOの佐藤僚氏、株式会社LoiLo取締役の杉山竜太郎氏、株式会社ライブドア執行役員・メディア事業部長の田端信太郎氏をパネリストに迎え、株式会社インフォバーン代表取締役CEOの小林弘人氏をモデレーターに無料サービスとしてのフリー、そして無料に有料課金を組み合わせたビジネスモデルである"フリーミアム"の可能性についての鼎談を行いました。

レポートは、以下へと続きます。
 


free_sub.jpg発売前に無料閲覧キャンペーンを行い、1万人限定の応募をわずか43時間で達成したクリス・アンダーソン著『フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略』(NHK 出版)の監修・解説を担当した小林氏は日/米の"フリー"の現状に言及し、その比較論も交えつつパネリストから的確なコメントをひきだしていきます。

佐藤氏は「フリーミアムのど真ん中をやりたい」と、2ヵ月前にローンチしたばかりの無料のiPhoneアプリ「セカイカメラ」のビジネスモデルを紹介。フランスの博物館での展示物の解説や、岐阜県の観光案内にセカイカメラが利用されている事例などを挙げ、プライオリティの高い機能を法人向けに有償で提供することで、セカイカメラによるフリーミアムを実現したい考えを述べました。また佐藤氏は、サービスを無料で提供し多くのユーザーに利用してもらうことで様々なメリットが出てくる点を強調し、「フリーミアムの実現には"最大化戦略"が欠かせない」と訴えています。

杉山氏は「スプーンなどと同じように、日常にとけ込んだツールにしたい」と動画編集ソフト「LoiLoTouch」を無料配布している理由を語りました(ちなみに同ソフトは「さわって」「なげて」「くっつける」ことが可能な画期的なインターフィスが特徴で、デモの場面では会場やTwitter上でも驚きの声があがっています)。PCソフトの場合は、App Storeのような世界中にソフトを配布・販売できる仕組みが確立されておらず、「Googleなどの検索エンジンが(ソフトを売る)お店になっている」という現状を指摘。検索エンジンを活用して国内外の認知度を高める戦略としてソフトのフリー公開を選んだと説明しています。

田端氏は、310万人のユーザーを獲得しているLivedoorのブログサービスは、「事業として持続できるモデルに成長している」と述べ、無料のブログサービスとしてフリーミアムを実現した数少ない例として、自社のビジネスモデルを紹介。また、ブログのように「フリーがデフォルト」になっているサービスにおいて、「ブログのむこうにいる人たちの存在を考えずにはいられない。彼らはお金ではなく、純粋に書きたいという欲求で動いている」と語り、受け手ではなく、サービスを活用する自発的なユーザーの存在が不可欠であり、そういったユーザーを獲得し、サービスをブレイクさせるための「成功の方程式」はまだ確立されていないとしました。また「R25」創刊時の話をまじえつつ、通常の雑誌にかかるコストと収益をフリーペーパーへと遷移した場合に想定される数値モデルを公開し、さらなる論議を喚起しました。

wiki_joe.jpg

第二部は、よりカジュアルな歓談形式でフリースタイル・トークが行なわれ、イベントに訪れた参加者の中から、新刊『Twitter社会論』で話題のジャーナリスト、津田大介氏、ソニー・デジタルエンターテインメント代表取締役社長の福田淳氏、株式会社はてな取締役の川崎裕一氏、そしてこの日のスペシャルな来場者として「Wikimedia Conference Japan 2009」のため来日中のウィキメディア財団コミュニケーションヘッド、Jay Walsh氏など、さまざまな方々がフリーに関してのスピーチを行ないました。

会場ではケータリングやWi-fi、ノートPCもフリーで提供。イベントのハッシュタグ「#freejp2009」がつけられたtwitterのタイムラインが、リアルタイムでスクリーン映し出されるなど、終止進歩的な雰囲気でフリーの可能性を探る白熱したディスカッションが行われました。正直非常に情報の密度が濃い内容だったので、ここまでのレポートでお伝えしているのは当日あがっていた話題のほんの一部です。この日のパネリストの発言や来場者のスピーチ、Twitterでのコメントなど、後日また違った形でこのイベントの成果(=FREEMIUM HACKS!!)を報告していきたいと思っておりますので、お楽しみに!


(大山貴弘)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.