• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,,,  08:00 AM

冬場のアウトドアに必携の固形燃料をリサイクル材料でDIY


これから寒くなる季節ですが、キャンプまではいかなくても、野外での登山やピクニック、釣りなどアウトドアで過ごす人も多いと思います。そんなシーンに欠かせない固形燃料が、ほとんどリサイクルの材料だけでDIYできますよ。

[ 準備するもの ]

  • 平たい円柱型の缶(ツナの缶など)
  • 缶の高さと同じ幅で切った段ボール 約2m
  • ロウソクの芯(もしくは使い終わったバースデーケーキのろうそくなど)
  • パラフィンワックス(使い切れなかったロウソクなどでも可)
  • アルミホイル

作り方は、以下にて。
 


[ 作り方 ]

  1. 平たい円柱型の缶の中をキレイに洗って乾かします。
  2. 缶の高さと同じ幅で切った段ボールを、缶にピッタリと納まる大きさになるまでクルクルと巻きます。割とキツめにきっちりと巻きましょう。
  3. 巻いた段ボールを缶の中に入れます。この時ロウソクの芯も段ボールと一緒に入れます。
  4. パラフィンワックスを鍋に入れて、湯煎で溶かしていきます。ワックスが漏れると危険ですから、直接火にかけずに必ず湯煎で溶かしましょう。また、食事用の鍋は後で使えなくなりますので、いらない鍋や食事用じゃない鍋を使いましょう
  5. 段ボールを入れた缶に、溶かしたワックスを流し込みます。ワックスが漏れても大丈夫なように、缶の下に予め新聞紙やパラフィン紙などを敷いておきましょう
  6. 缶を放置してワックスを冷やし固めます。
  7. 固形燃料を長持ちさせたい場合は、さらにもう一度溶かしたワックスを上から流し込みます
  8. 再度冷やし固めたら出来上がりです!

この固形燃料で大体2〜3時間は燃焼するらしいので、アウトドアでお湯を湧かしたり、火力があまり必要じゃない簡単な料理にも使えると思いますよ。

Tin Can Stove & Buddy Burner (PDFファイル) [via Alberta Girl Guides]

Whitson Gordon(原文/訳:的野裕子)
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.