• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,  10:00 PM

栄養アドバイザー直伝、エネルギー価の高いスーパー・オートミールの作り方(動画あり)


食物繊維が豊富で鉄分・カルシウムなど栄養価の高いオートミール。多くのアスリートにも広く食べられているものだそうです。こちらでは、数々のオリンピック選手に食事指導を行ってきた栄養アドバイザー・Bob Seeboharさんによる、オートミールのレシピをご紹介しましょう。


こちらのレシピは、カンタン・消化吸収バッチリ・安価という三拍子そろった、アスリート向けの朝食オートミール。詳しくは冒頭の動画をご覧いただくとして、概要は以下へと続きます。



まず、材料はこれらのアイテム。

・ 押しオーツ麦
・ 水(牛乳や豆乳でもOK)
・ プロテインパウダー
・ ココアパウダー
・ グランドフラックス(フラックスシードをひいたもの)
・ ブルーベリー(冷凍のベリー系果物であればOK)
・ レーズン

ライスクッカー(小型炊飯器)を用意して、レッツクッキング。

ステップ1: 少しあたためたライスクッカーに水を入れ、沸騰させる。

ステップ2: 押しオーツ麦、プロテインパウダー、ココアパウダー、グランドフラックス、ブルーベリー、レーズンの順に、混ぜながら徐々に加えていく。

ステップ3: ひと煮立ちしたら出来上がり!

ココアパウダーはアクセントのポイントだそう。また、グランドフラックスといった脂質を加えることで、栄養吸収を助ける効果があるとのことですよ。また、このレシピは、電源があればライスクッカーひとつで調理できるので、アスリートの遠征先にも手軽に持参し、自炊できるのが利点だとか。

アスリートの方もそうでない方も、カンタンにエネルギーチャージできる逸品として、朝食のレパートリーに加えてみてはいかがでしょう?


Upgrade Your Oatmeal
[Social Workout]

Sarah Rae Trover(原文/松岡由希子)

  • ,,,,,,,,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored by 東京四社営業委員会 2017年1月30日から新たにスタートした東京都(東京都23区、三鷹市、武蔵野市)のタクシー初乗り運賃。これまでの700円〜730円/2kmが、380円〜410円/1.052kmと近距離の移動がおトクになり、「気軽にタクシーが利用できる!」と話題となっています。では、忙しいビジネスパーソンにとって、単なる移動手段だけではなく、タクシーだからこその使い方  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.