• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,  08:00 AM

ニューヨークの人気No.1ハンバーガーのレシピを再現した男

ニューヨークの人気No.1ハンバーガーのレシピを再現した男


ニューヨークの「Shake Shack」と言ったら、ハンバーガー好きで知らない人は居ないんじゃないかというくらいの有名店です。ニューヨークの滞在時間が12時間しかない人にすら「Shake Shackのハンバーガーは並んででも食べたい!」と言わしめるほどです。

ここに、一人のハンバーガージャンキーが家でShake Shackのハンバーガーを再現するべく、リサーチを重ねたレシピがあります。レシピを作ったのは、ブログ「Serious Eats」のゲストライターJ. Kenji Lopez-Alt 。Shake Shackのロゴ入りのTシャツを着ちゃうくらい、筋金入りのShake Shackファンです。

彼はまず、大好きなShake Shackのハンバーガーをガッツく前に、中身をジックリと検証しました。自分では分からない素材や材料があると、グルメな友人に聞いたり、Shake Shackのマネージャーにすら聞いたそうです。その結果、ハンバーガーパテの牛肉には何が混ぜてあるのかという情報も入手し、"スマッシュ&スクラップ焼き"と呼ばれるハンバーガーの焼き方さえも実演できるまでになったようです。

Shake Shackのハンバーガーへ愛が垣間見える、レシピの検証過程を一部どうぞ。
 


Adamの情報によると、ハンバーガーのパテの肉の割合は「サーロイン:肩ロース:肩バラ肉=50:25:25」らしい。一方Ozerskyの情報では、ほどんとが肩バラ肉で肩ロースとショートリブが少し混ぜてあるだけだというのだ。

僕はShake Shackのハンバーガーを買って来て、それを横に置いてそれぞれの割合を試してみた。結果、Adamのレシピの方が味がかなり近かった。サーロインもつ柔らかさや、肩ロースの醸し出す牛肉の旨味、肩バラ肉のほんのりとした酸味のような風味が、正にShake Shackのハンバーガーという感じだ。

すごいこだわりっぷりです。気持ち悪いとか思わないでくださいね。これは愛です、

このレシピを忠実に再現したいという方は、ミンチ肉も自分で挽くところから始めてみてはいかがでしょうか。バンズやソース、その他の材料や詳しいレシピまでこだわり抜きたい方は以下のリンクからどうぞ。


The Burger Lab: The Fake Shack [Serious Eats]

Kevin Purdy(原文/訳:的野裕子)
 

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.