「テープ起こし」に特化されすぎたサイト

ゲストライター
2009.09.30 11:30

090929tape01.jpg


こんにちは。ココロ社です。
その昔、テープ起こしをする機会があって、「こんなことならメモを取りまくっておけばよかった」と思ったものでした。しかもどこでどんな話をしていたか思い出せず、早送りしたり巻き戻したり...特に、録音してから間が開いたら悲劇ですが、テープ起こしは辛いので後回しになりがち、というジレンマもあり...。

最近、インタビューされることが増えてきて、ICレコーダーを使う方が多いのですが、テープ起こしの大変さは身にしみているので、インタビューアーの方には、「あのとき何て言ってたっけ、という状況になったら、お答えするので気軽にメールください」とお伝えするようにしています。

―ということで前置きが長くなりましたが、テープ起こしに命を賭けたすごいサイトを別件で検索していて見つけたので報告させていただきます。サイトの名前は『テープ起こし総合研究所』。まず見た目が命をかけてる感じがムンムン伝わってきます。

中では、おびただしい量の参考になる本や、メールマガジンのバックナンバーが用意されています。
 

テープ起こしをする機会がない方の方が多いとは思いますが、インパクト十分なのが、「聞き間違いやすいことば辞典」です。


090929tape02.jpg


テープ起こしをしない人が見ると「こんな言葉を聞き間違うんだ」という驚きしかないかもしれませんが、「文脈が与えられない状況だと、これだけ聞き間違いをしてしまうのだ」ということが実感できます。

自分が参加していない、専門用語が飛び交うシンポジウムなどのテープお越しをもし依頼されたら、参考にしてみてください。


ココロ社
 

Hot Entry
Recommended
関連メディア