• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  -   05:30 PM

F1日本GP:鈴鹿への準備はいかが?

F1日本GP:鈴鹿への準備はいかが?

090928f1.jpg

今週末は、いよいよ三重県の鈴鹿サーキットでF1日本GPが開催されます。私は、テンション上がりまくりで、遠足前の子供状態なんですが、皆さんはいかがでしょうか?

常連さんは、FMラジオにクッション、雨具や防寒着などの定番の持ち物があり、抜かりなく準備されているかと思います。私も鈴鹿サーキットへは、欠席することなく通っているので、同じような準備をしていますが、今年は、その中にiPhoneが入っています。
同じように、iPhoneやGoogleケータイ等のスマートフォンを持って行く方も多いと思いますが、サーキットで情報を入手するツールとして活用しない手はありません。私の例ですが、F1に備えたスマートフォンの活用方法をご紹介しますので、サーキットライフを充実させるのに役立てて下さい。

続きは、以下で。


■流行のTwitterを活用
流行は、チームやドライバーにも飛び火しているようで、公式のアカウントが多く存在するので、アカウントをリストアップしておきます。
お気に入りのチームやドライバーをフォローしておければ、現地でのリアルなつぶやきから、意外な情報を得られるかもしれません。

チームアカウント:
BMWザウバー(英語)
フォースインディア(英語)
マクラーレン(英語)
ブラウンGP(英語)
ルノーF1(英語)

ドライバーアカウント:
ルーベンス・バリチェロ(ポルトガル語)
ジェンソン・バトン(英語)

以下は、TwiiterにF1関連のニュースを投稿しているF1情報サイトのアカウントです。サーキットに居ると、きめ細かな情報を入手するのが困難なので、フォローしておくと良いかもしれません。

F1Gate.com(日本語)


■サーキットでの状況把握
090928f1-2.jpgTV観戦と違って、サーキットで観戦していると、レースの状況を上手く把握出来ないことがあります。
そんな時は、F1公式アプリF1 Timing Applocation 2009はいかがでしょうか?
このアプリ、ご存じの方も多いと思いますが、サーキットで役立ちそうなのが、ドライバーを選択すると、そのドライバーを基点に、他ドライバーとのタイム差が+-で表示され、前後にいるドライバーとのギャップを確認できる機能です。これで、お気に入りのドライバーのポジションと前後差を正確に把握しながら観戦できます。

「F1 Timing Applocation 2009」は、レース毎のコンテンツ課金で、鈴鹿向けのフルウィークエンドデータは、600円となっています。


■決勝レース後は...
090928f1-3.jpg決勝レースの後は、サーキットを急いで出ても身動き取れないほど混雑しているので、サーキットビジョンで流れるレースのプレイバックを観て、余韻に浸るのも悪くありませんが、翌日は仕事だと帰路が気になります。
そんな場合は、クルマならばiPhone用に特化されたサイト渋滞情報で渋滞状況を確認、電車ならば、ジョルダンの乗換案内のジョルダンライブで運行情報を得て、サーキットを出るタイミングを見計らってみてはいかがでしょうか?


また、鈴鹿サーキットのホームページから、アクセスマップ(クルマ向け、電車向け)のPDFがダウンロードできます。このマップ、クルマ向けは、周辺の道路地図と高速道路のICまでの道順が、電車向けには、白子駅、鈴鹿サーキット稲生駅の時刻表が掲載されています。コンビニでも同じ物が配布されると思いますが、手持ちのスマートフォンにダウンロードしておけば、邪魔にはならないし、ここぞの時に役立つかもしれません。

いよいよ、F1日本GPです。
F1ファンの読者の皆さん、皆さんなりの楽しみ方があれば、コメントをお願いします。


(傍島康雄)
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.