• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,  08:00 AM

消毒用アルコールをDIYする方法

消毒用アルコールをDIYする方法

090918hand_sanitizer_diy.jpg
Photo by bratha

インフルエンザや風邪の予防には、うがい・手洗いが基本。最近は、病院だけでなく企業などでも消毒用アルコールのボトルを見かけるようになりましたね。乾いた手でもカンタンに消毒できるという便利さゆえか、売り切れのお店も多いようです。こちらでは、「売っていないなら、作ってしまおう」ということで、消毒用アルコールをDIYする方法をご紹介します。

エコ系DIY情報ブログメディア「EcoSalon」では、以下のような"レシピ"で消毒用アルコールを作る方法を紹介しています。


材料は次の3アイテム。

  1. アロエ 50cc
  2. 穀物アルコール(グレインアルコール) 50cc
    (※米ニューヨークタイムズの以下の記事によれば、75cc以上が望ましい)
  3. ティーツリーエッセンシャルオイル 5滴
    (お好みで、好きな香りのオイルを加えてもOK)

極めてシンプルな作り方は、以下にて。
 


アロエ・穀物アルコールとティーツリーオイルを混ぜるだけ。独特のピリっとしたにおいを抑えたい場合は、さらにお気に入りの香りのオイルを5滴加えてもOKです。ろうと(漏斗)を使って小瓶に移せば、携帯にも便利。

ちなみに、米ニューヨークタイムズの記事によると、殺菌効果を担保するには最低60%程度のアルコール濃度が必要とのこと。よって、上記の「EcoSalon」のレシピでは、アロエ:アルコール=1:1となっていますが、アロエ:アルコール=2:3になるくらいまでアルコールの分量を増やしたほうが殺菌力が担保できるようです。穀物アルコールは手に入りにくいので、薬局にある消毒用のエタノールなどで代用してもいいかもしれません。

手洗いについては、日本ユニセフが以下の動画のような子供向けの「手洗いダンス」を紹介していますよ。ちょっとかわいらしいのでご関心のある方はどうぞ。また、朝日新聞で紹介されている手洗い方法も合わせてご参照ください。




DIY Hand Sanitizer and Disinfectant
[EcoSalon]

Rosa Golijan(原文/松岡由希子)
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.