拡大しても画像をキレイに保ってくれる『SmillaEnlarger』

ゲストライター
2009.08.08 11:00
090807_smilaenlarges.jpg
Photo by 512Photography.


写真データを拡大すると、どうしても画像が粗くなってしまいます。特に、解像度が低い画像を拡大し過ぎると、昔のテレビゲームのドット絵みたいになりますよね。そんな時は、画像を拡大してもエッジを滑らかに見せてくれる『SmillaEnlarger』がオススメです。

『SmillaEnlarge』rは、拡大した時にギザギザになってしまう部分を人工的に補完して、拡大しても画像のイメージをそのままに、それっぽい感じで表示してくれるのです。

画像の拡大したい部分を選択ボックスで囲んだら、あとはズームスライダを使ってどれくらい拡大するかを決めるだけです。選択部分には、シャープやディザ加工やノイズなど、様々な画像補正をすることもできます。補正適用後の状態はプレビュー画面で随時確認できますので、ためらわず直感でどんどん補正してみましょう。おかしなことになったら、また元に戻せばいいのです。

補正し終わったら「Calculate」ボタンをクリックして、画像に補正を適用します。画像の書き出しは、プレビューよりは少しだけ時間が掛かりますが、そんなに長時間という訳ではありません。試しに使ってみましたが、画像の仕上がりは他の画像補正ソフトと遜色無いものでした。

『SmillaEnlarger』は、オープンソースでインストール不要のアプリです。Windows/Macどちらにも対応していますが、インストール不要なのはWindowsのみです。


SmillaEnlarger [via FreewareGenius]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:的野裕子)
 

Hot Entry
Recommended
関連メディア