• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,  02:00 PM

ランニングシューズを選ぶ前に自分の足の形を調べよう


ライフハッカー過去記事「高価なランニングシューズが不必要な理由」や「裸足ランニングのススメ」では、ランニングシューズについて取り上げましたが、こちらでは、ランニングシューズを選ぶ上で不可欠なポイント、足の形の調べ方についてご紹介します。


ランナー向け情報メディア「Runner's World」によると、ヒトの足の形は大まかに「正常」「扁平足」「ハイアーチ(凹足)」の3タイプに分かれるそう。

では、自分の足はどのタイプなのでしょうか?

これをカンタンに調べる方法が「ウェットテスト」。詳しい手順は冒頭の動画をご参照いただくとして、大まかには以下のステップです。
 


ステップ1: 浅い入れ物に水を入れる

ステップ2: 足を水に浸ける

ステップ3: 紙袋などの大きな紙に濡れた足をつける

ステップ4: 足型をチェックする

それぞれの足のタイプに応じたアドバイスについては、以下を参考にしてみてください。

【扁平足】

扁平足の人は、足に余分な動きがあり、怪我のリスクが高い。足の動きをコントロールできるようなシューズがオススメ。サポートタイプのものやデュアルデンシティのミッドソールがいいだろう。ちなみに、これらのシューズは背の高い人や体重の重い人(74.8kg以上)にも適している。

【ハイアーチ】

ハイアーチは、足に衝撃を受けやすい。衝撃を和らげるようなタイプのシューズがオススメ。ニュートラルクッションタイプのようなものが適している。

【正常】

正常な人はどのようなシューズでも合うが、体重の軽い人はサポートのないニュートラルクッションタイプのシューズがオススメ。


ちなみに、訳者もウェットテストを試してみたところ、見事な扁平足でした(苦笑)。自分の足跡をマジマジと見る機会はなかなかないので、ちょっと面白かったですよ。動画では紙袋を使う例が紹介されていますが、新聞紙でも代用できるようです。ジョガーの方もそうでない方も、一度ご自分の足のタイプをチェックしておくと、靴選びに使えるかも!?ぜひお試しを。


Take This Simple Test to Learn Your Foot Type [Runner's World]

Azadeh Ensha(原文/松岡由希子)
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.