『Driver Sweeper』で不要になったドライバをきれいに削除

090803driversweeper_.jpg


Windowsのみ:ビデオカードをアップグレードしたり、ドライバーを更新した際に、昔のバージョンの設定やレジストリなどがシステムに一部残ってしまうものですが、これらの不要な情報を綺麗に削除する方法があるのです。『Driver Sweeper』はドライバアンインストーラーが残していった余分な情報を削除してくれるツール

ビデオカードやマザーボード、サウンドカードドライバなどをアンインストールした後、このツールを起動させれば、余計な「思い出」がシステム上に残ってしまうことをさけることが出来ます。ただ、やらないとなにかまずいのか、と言われるとそんなことは決してなく、普通にパソコンを使うだけの人には不要なツールだと思います。なので、紹介しておいてなんですが、更新をする際にこのツールの必要性を感じている人以外は使う理由は特にないです。というかパソコンに詳しい方以外は使わない方が良いかと。
 

『Drive Sweeper』はWindowsのみのフリーダウンロード。サポートされていないデバイスの場合やWindows内でツールを使わずに同じ処理をしたい場合は、 「古いドライバの削除方法」を参考にしてみて下さい!


Driver Sweeper [phyxion.net via Addictive Tips]

The How-To Geek(原文/まいるす・ゑびす)
 

Hot Entry
Recommended
関連メディア