• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,  05:30 PM

今年の夏は蚊取り線香代わりに「虫除けキャンドル」をDIY

今年の夏は蚊取り線香代わりに「虫除けキャンドル」をDIY

090805_candle.jpg

日本の虫除けの定番といえば蚊取り線香ですが、最近はちょっとオシャレなシトロネラ」の虫除けキャンドルも時々見かけますよね。ベッドルームやアウトドアのキャンプなんかでは、キャンドルならほのかな明かりも取れて虫除けまでできるので、一石二鳥で良さそうです。

市販のものを買うのもいいですが、実はシトロネラキャンドルは手作りもできるのです。材料を準備するのが少し手間かもしれませんが、作り方はいたって簡単です。ロウソクの再利用にもなりますし、電気を使う虫除けを使っている場合は電気代も節約できて、エコな虫除けキャンドルです。

[ 準備するもの ]
・いらなくなったロウソク/安全で溶けるタイプのワックス
・クレヨン/カラーリングワックス
・ロウソクの芯
シトロネラオイル
・ロウを溶かすための器(ミルクパンや小さな鍋など)
・溶かしたロウをかき混ぜるもの(スプーンなど)
・温度計
・ロウソクを入れる容器(使い終わった缶やガラス瓶など)
・文字ステッカー(無くてもOK)

作り方は以下からどうぞ。


[ 作り方 ]
1. ロウソクの容器の下準備をする
使い終わった缶やガラス瓶など、ロウソクの容器にするものはキレイに洗って、完全に乾かす。乾いたら、容器の底に、ロウソクの芯をにかわなどの接着剤で付ける。容器の外側は、虫除けキャンドルだと一目で分かるように、ロウソクの容器にステッカーを貼ってもいいですよ。

2. ロウを湯煎する
大きめの鍋でお湯を沸かす。お湯の温度が14060度になったら、その中にロウを入れた器を入れて湯煎する(お湯の熱でロウを溶かす)。

3. ロウに色を付ける
ロウが溶け始めたら、クレヨン/カラーリングワックスで、好みの色に色付けする。

4. シトロネラを入れる
ロウが完全に溶けてオリーブオイルのような状態になったら、シトロネラを入れる。量の目安は、小さなキャンドルであれば1滴、少し大きめのキャンドルであれば2滴。(結構アバウトですが...)

5. 容器にロウを流し入れる
溶けたロウを、1で下準備したロウソクの容器に流し入れる。ロウソクの芯を1〜2cm以上は残すようにする。

6. 冷やし固める
常温でそのまましばらく置き、ロウを冷やし固める。

7. できあがり
ロウが固まったら完成です。さっそく火を点して使ってみましょう!


きれいにラッピングすれば、この季節はプレゼントにしても喜ばれると思いますよ。子どもと一緒に作って、夏休みの宿題にするのもいいかもしれません。ぜひお試しあれ。


DIY Project: Kate's Homemade Citronella Candles [Design*Sponge]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:的野裕子)
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.