• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,  04:00 PM

スマートな略歴を書くための5つのコツ

スマートな略歴を書くための5つのコツ

090804bio_tops.jpg

自己紹介は「はじめまして」の基本。講演会でのスピーチのような大舞台から就職面接、合コンに至るまで、キャッチーかつスマートに自分のことを紹介できるといいですね。こういうときに備えて、自分の略歴をまとめておくことは効果的。そのコツについてご紹介します。

米情報ブログメディア「Working the New Economy」では、キャリアライターのMarci Alboherさんが略歴を書くためのコツとして、以下の5点を挙げています。

1. ライターの人は、ライティング力を表そう

ライターの人は略歴の文章を通じて自分のライティング力をうまく表そう。クリエイティブさやユニークさをアピールできるとよい。

2. 複数のバージョンを用意しよう

略歴をたびたび求められる場合は、簡易バージョン・詳細バージョンなど複数のバージョンを用意しておこう。

3. 自分の個性を引き出そう

インテリ風・アウトロー風・カッコイイ系・カワイイ系など、「自分がどう見られたいか?」をじっくり考え、自分のスタイルや個性をうまく引き出すようにまとめよう。

続きは以下からどうぞ。


4. ユーモアを交えてみよう

略歴は単なる経歴の羅列ではない。読み手にとって魅力あるものであることが大事。ときには、硬い表現だけでなく、ユーモアをうまく交えて、文章に緩急をつけるのも効果的。

5. 自分をうまく売り込もう

読み手に「この人のことをもっと知りたい!」「会ってみたい!」と思わせるような文章に仕上げよう。

いかがでしたか?
このほか、限られた時間で効率的に表現するコツとしてはライフハッカー過去記事「短時間で考えを伝えるための、5つのコツ」、また、ライティングのコツとしてはライフハッカー過去記事「プロアマ問わずライターさん必読、スランプから脱出する5つのコツ」なども参考にしてみてくださいね。


How to write a killer bio [Working the New Economy]

Kevin Purdy(原文/松岡由希子)
 

  • ,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored by cocokuri 体と同様、心を鍛えることは生きていくうえで不可欠なスキル。その心の問題にフォーカスし、世界中で脚光を浴びているのがマインドフルネスです。いま目の前にあることに集中し、自分自身を客観的に観察するトレーニング法であるマインドフルネスは、情報過多の中、マルチタスクが多く、注意力が散漫になりがちな現代のビジネスパーソンパーソンの集中力を高めるなど、働き方を変  11:00 AM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.